白石麻衣、“ヒム子”と紅白で再共演熱望「一緒に踊ってもらえたら最高」【紅白リハ】

乃木坂46

乃木坂46が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われた「第68回NHK紅白歌合戦」リハーサル初日に参加した。


今回で3回目の出場となる乃木坂だが、「まだ慣れない。最初とは違う緊張感。3期生も入って一緒にやるので後輩に背中を見せないと」と秋元真夏。歌唱する楽曲は「インフルエンサー」で、最高難易度の高速ダンスが特徴となる。秋元は「難しいダンス。失敗してはいけない、集大成をみせたいという気持ちで緊張感がある」と素直な心境を吐露した。

同曲のダブルセンターを務める西野七瀬は「自分がセンターの曲を紅白で披露できるのは個人的にうれしい」と喜んでおり、白石麻衣は「『インフルエンサー』ははじめてミリオンにいった曲。グループとしても1年で大きな出来事だったので、この曲で紅白に出られるのは乃木坂にとってまた1つ上に登れる」と語った。

「インフルエンサー」は、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀扮する“ヒム子”がダンスを完コピし、音楽番組やコンサートでコラボを展開してきた。さらにバナナマンは今年も紅白の副音声「紅白ウラトークチャンネル」で司会を担当する。
年末の大舞台での共演に期待がかかるが、白石は「先日『バナナ♪ゼロミュージック』に電話出演したけど、お誘いしたらきれいに断られた」としょんぼり顔。それでも「今年一緒に完璧に踊ってもらった。気持ち的には一緒に踊ってもらえたら最高。いい今年の締めくくりができるかな。出てほしいな」とラブコールを送った。

2017年は初の東京ドーム公演を成功させたほか、メンバー個人では写真集が大ヒットするなど大躍進となった。キャプテンの桜井玲香は「いままで頑張ってきたものが結果的に数字や賞に繋がった。自分たちに自信が持てた」と回想し、今年を漢字一文字で表すと“夢”で「夢がたくさん叶った年だった」と充実の表情。来年の抱負を聞かれると、秋元は「11月にシンガポール公演、来年に香港公演がある。日本を出ての活動が始まったばかり。世界に出ていけたらいい。写真集ラッシュも続いたので第3弾という感じで続いていけたら」と明かした。

「第68回NHK紅白歌合戦」は「夢を歌おう」をテーマに、様々な世代の「夢」を応援する「歌のエール」を届ける。紅組の司会を女優の有村架純、白組の司会を嵐の二宮和也が担当し、総合司会を内村光良が務める。12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合・NHKラジオ第1にて放送(中断ニュースあり)。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top