欅坂46・菅井友香、今泉佑唯の不在も「気持ちは21人で」【紅白リハ】

欅坂46が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われた「第68回NHK紅白歌合戦」リハーサル初日に参加。年内の活動休止を発表したメンバーの今泉佑唯について、キャプテンの菅井友香は「大切な仲間。気持ちは21人で、最高の締めくくりとなるようなパフォーマンスにしたいと思います」と話した。


前回の初出場は「ほとんど記憶にない」と苦笑した菅井は、「まさか今年も出場できるとは思っていない。感謝の気持ちを込めつつ、覚えているように最高のパフォーマンスをみせられるように頑張りたい。見てくださっている皆さんの明日への活力になれば」と意気込み。守屋茜は「(昨年は)本当に緊張していたので記憶に残せるよう、楽しにながら精一杯やりたい」と“リベンジ”を誓った。

昨年に続き2回目の出場になる今回は「不協和音」をパフォーマンスする。総合司会を務めるウッチャンナンチャンの内村光良もお気に入りと話しており、菅井は「すごくうれしいですね。素晴らしい方が聞いてくださって、メンバーみんなで手を叩いて喜びました」と芸能界のファンににっこり。

「不協和音」はアイドルらしからぬ鬼気迫るパフォーマンスが魅力。長濱ねるは「メッセージ性が強い歌詞。初めて欅坂を見てくださる人に、欅坂の色をわかりやすくお伝えできるのではないか」と期待。小林由依も「フォーメーションの移動がすごくある。フォーメーションに込められた意味も伝わればいいな」と語った。

「第68回NHK紅白歌合戦」は「夢を歌おう」をテーマに、様々な世代の「夢」を応援する「歌のエール」を届ける。12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合・NHKラジオ第1にて放送(中断ニュースあり)。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!