嵐、今年の漢字は「和」 大野は二宮から優勝旗奪取を狙う?【紅白リハ】

第68回NHK紅白歌合戦

5人組アイドルグループの嵐が29日、「第68回紅白歌合戦」のリハーサルが進行中のNHKホール(東京・渋谷)で報道陣の取材に応じた。


嵐として9回目の出場となる今年は「嵐×紅白スペシャルメドレー」と称し、”みんなが元気になる”曲をパフォーマンスする。曲の詳細について、松本潤は「180人のダンサーと一緒に一つの絵を作ったりします」と答え、相葉雅紀は「アナログとデジタルの融合みたいな感じです」と述べた。

昨年の紅白歌合戦では、視聴者の支持を得たもののまさかの白組敗北。大野智は「僕、後ろで優勝旗持とうとスタンバイしてたのに…」と振り返ると、昨年の白組司会を務めた相葉がすかさず「それもどうなの!俺が持たないといけないんじゃないの」とツッコミ。今年は二宮和也が白組の司会を務めるが、大野が「今年も(優勝旗を持つことを)狙ってます」と意気込むと、松本が「全力で止めに行こうと思ってます」と会場の笑いを誘った。

また年末恒例の“今年一年を表す漢字”について聞かれると、グループを代表して櫻井翔が「和」と回答。その理由として「今年はSexy Zoneとイベントをやったり、今ツアーを回っていたりと、5人で一緒にいることが多かった」と振り返るとともに、「なにより二宮和也先生の”和”という字ですからね」とにっこり。
個人としてはどうかと聞かれると、相葉が「2017年にはじめて富士山に登ることができたので“山”かな」と答え、即座にメンバーが反応。櫻井が「“登”るほうじゃないんだ?」と問いかけると、松本が「やっぱり“和”のほうがいいね」と重ね、場を和ませた。

「第68回NHK紅白歌合戦」は「夢を歌おう」をテーマに、様々な世代の「夢」を応援する「歌のエール」を届ける。12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合・NHKラジオ第1にて放送(中断ニュースあり)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top