乃木坂46新成人メンバーが乃木神社で成人式 星野みなみら“白石超え”目指す?

乃木坂46新成人メンバー

乃木坂46の新成人メンバーが5日、東京・港区の乃木神社にて成人式を行った。


本年度、成人を迎えたメンバーは川後陽菜、相楽伊織、佐藤楓、樋口日奈、星野みなみ、山崎怜奈の6人。
6人は艶やかな振り袖姿で鳥居をくぐると、詰めかけた大勢の報道陣の前を通って本殿へ。祈祷を行った後にフォトセッションと囲み取材に臨んだ。

今年新成人を迎えた1期生はグループ発足当時13歳。星野は「二十歳をファンの方にお祝いしてもらうのが不思議な気分。毎年みんなが(成人式を)やってきた乃木神社でできたのが嬉しかった」と話し、樋口も「二十歳を一緒にこうして迎えられることがすごく不思議だし、家族のように一緒に歩んできたのでとっても嬉しいです」とメンバーとの絆を再確認。川後は「親に『成人式は絶対にテレビで見たいから辞めないでくれ』と言われていたので、今日この日を迎えられて嬉しい」と笑顔を見せた。
2016年にグループに加入した3期生のなかで最初に成人を迎えた佐藤は「乃木神社での成人式をテレビで毎年見ていたので、いま私がここで(成人式を)できているというのが夢のよう」と感慨深げだった。

昨年は初の東京ドーム公演を実現させ、レコード大賞受賞で飛躍の1年を締めくくった乃木坂46。星野は「テレビでよく見ていたものだし獲れるか不安だったけど、みんなで年末に向けて一生懸命頑張ってきたし、パフォーマンスもすごくひとつになった感があったので、少し自信もあった。3期生も加わってパワーアップした乃木坂だったから獲れたんじゃないかなと思う」と振り返る。
昨年は白石麻衣をはじめ、メンバーのソロ写真集の相次ぐヒットも話題となった。
「せっかく二十歳になったので、新しい魅力を出したい」とソロ写真集への意欲を見せた星野だったが、「今世紀最大の売上を目指したい?」と聞かれると、「いや!無理です!!」と悲鳴。「“白石超え”は?」と追求され、「白石超えですか?じゃあ白石超えで」と、記者にのっかり周囲の笑いを誘った。

また、昨年成人を迎えた生田絵梨花らが自分たちを「マイペース世代」と名乗っていたことから「今年は何世代?」と質問が飛ぶと、6人は「まとまりないよね」と一様に首を傾げる。
川後は「色とりどり世代」といい、記者から再び「白石超え世代?」と振られた星野は、「どうしよう?次世代?白石超え目指す世代?」と答えながら、「怒られちゃうよ〜。ごめん、まいやん」と困惑していた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top