浜辺美波、美容室は毎回賭け? 一か八かのエピソード告白

ドラマ「賭ケグルイ」エピソード1特別上映会

高杉、浜辺、森川(左から)

MBS/TBSドラマイズム枠で放送されるドラマ『賭ケグルイ』のエピソード1特別上映会が8日、都内で行われ、女優の浜辺美波、森川葵、俳優の高杉真宙が舞台挨拶に登壇した。


ドラマは月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の同名漫画が原作。「ギャンブルの強さ」が生徒たちの階級を決定する私立百花王学園を舞台に、壮絶な駆け引きと騙し合いの心理バトルを描く。

浜辺が演じるのは、清楚な外見ながらリスクを負うことに快感を覚えるギャンブル狂の主人公・蛇喰夢子。
オファーを受ける前に原作の1巻を読んだことがあり、「この役がどんな役でどういうお話なのか知っていたので、私にこの役をオファーしていただいたのがすごく驚きでしたし、ギャップがある女の子なので演じるのが楽しみになりました」と出演が決まった際の率直な心境を吐露。
普段はお淑やかだが、賭け狂った時には悪魔のような恍惚とした表情を浮かべる夢子を演じるにあたり、「モニターで自分の思った以上にひどい顔を見ちゃうと、それから先ちょっと抑えてしまって精一杯できないと思ったので」と、現場ではモニター前に行かないようにしていたことを明かし、その成果もあって「顔芸を含め、できる限りのことをやりきれた」と手応えをにじませた。

浜辺美波

浜辺美波

イベントでは、ドラマのオープニングテーマが、元「アイカツ!」の歌唱担当シンガー・巴山萌菜が変名ソロユニット・Re:versed(リバースト)として歌う楽曲「一か八か」に決定したことが発表された。
このオープニングテーマのタイトルと、当日が1月8日であることから、舞台挨拶では、キャストが「一か八かだったエピソード」を披露することに。

浜辺は「美容室に行って、美容師さんと話をするのがすっごく苦手」だといい、「だから新しい美容室に行って、新しい美容師さんに髪を切ってもらうのが、毎回一か八かの賭け」と告白。「コミュニケーション不足のせいで前髪えぐられたりとか……『前髪薄っ!』みたいなことが最近よくあって、毎回『賭けだな』と思いながら、ドキドキして通ってます」と照れ笑いを浮かべながら話した。

高杉は友人と自転車で鎌倉まで行くことになったエピソードを披露。「表参道から往復100キロあって、途中で無理と気づいて、引き返すか行くか、一か八かだった」と選択を迫られたという。「結局行くことになって、合計13時間くらい自転車で走ってた」と無事完走を果たしたものの、「途中で雨が降ってきたりして、賭けには負けました」と、オチをつけた。

舞台挨拶の最後には、浜辺が「深夜、寝る前にテレビの前で見て、スカッとするシーンがたくさん出てくると思うので、よく眠れるかなと思いますし、スッキリとした朝を迎えられる作品になっていると思います」とドラマをアピールして舞台挨拶を終えた。

ドラマ『賭ケグルイ』は、MBSで1月14日より毎週日曜深夜0:50〜(初回は深夜1:15〜)、TBSでは1月16日より毎週火曜深夜1:28〜(初回は深夜1:43〜)放送スタート。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top