生駒里奈、“ナルト”姿を共演陣が賞賛も…音楽番組で見つけてもらえず苦笑い

「オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜」キャスト

乃木坂46の生駒里奈が11日、東京・港区のテレビ東京本社で行われたドラマ『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』の記者会見に出席した。


テレビ東京「ドラマ24」枠の記念すべき50作目となる本ドラマは、今年創刊50周年を迎える少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の全面協力を受けた、オリジナル作品。
かつてヒーローに憧れていた営業マンの月山浩史が、ある日「週刊少年ジャンプ」が好きな人達が集まる秘密クラブと出会い、覚醒していく様を描き、生駒は秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」の一員で『NARUTO -ナルト-』が大好きなヒロイン・火村智子を演じる。

会見には主演の伊藤淳史をはじめとするキャスト陣が「週刊少年ジャンプ」のキャラクターに扮して登場。生駒は『NARUTO -ナルト-』の主人公・うずまきナルトのコスプレを披露した。
MCからキャストへ「誰のコスプレが一番似合うと思うか」と質問が飛ぶと、斉木しげるが生駒の名前を挙げ、一同納得。しかし、斉木は「『レコード大賞』の時、生駒ちゃん見つけられなかった。この格好を見慣れてるから」と告白し、生駒も「(共演の)みんなから言われる」と苦笑していた。

火村智子役:生駒里奈(乃木坂46)
火村智子役:生駒里奈(乃木坂46)
生駒が単独でドラマに出演するのは本作が初めて。「大御所の役者さんばかりの中にポンッと放り込まれ、最初はどうなることやらと思った」と率直な心境を明かし、「そもそもまだあまりお芝居の経験がないので、勉強中。皆さんの力を借りながら楽しく勉強させてもらっています」と語った。

第2話では生駒演じる火村智子にフォーカスが当たるが、生駒本人は来週の第2話オンエアに向けて「吐きそうです」と早くも不安げ。「見た人に不快な思いをさせないようにと、ずっとそればかり考えて2話を撮りきったので、それが伝わればいいな」と切実な思いを吐露。
作中では、人気漫画の創作秘話やジャンプにまつわる裏話の数々も明かされる。第2話では『NARUTO -ナルト-』についてのエピソードも多く登場することから、「自分が知っている話もあったんですけど、知らなかった知識もそこで得ることができたので、連載終了して“ナルロス中”だったんですけど、ちょっと癒やされました」と笑顔を見せていた。

会見の最後は主演を務める伊藤が「今回、素晴らしい役者さんと、こんなに楽しい現場はないなと思いながら、このキャスト、スタッフの仲の良さは確実に作品にプラスになると信じてやっています」と和気あいあいとした現場の雰囲気を伝え、「これからどんどんみんなで仲良くなっていき、より面白い作品を皆さんに提供していけるように、2018年1発目のドラマをこのチームでつくっていけたら」と意気込みを述べて締めくくった。

ドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』は、テレビ東京系にて2018年1月12日(金)より、毎週金曜深夜0時12分から放送。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!