米津玄師の自身最大規模のツアー完走 ファイナルには菅田将暉がサプライズ参戦

米津玄師ツアーファイナルの様子

米津玄師が10日、自身最多となる16都市22公演を行ったツアーのファイナルを東京・日本武道館で迎えた。ツアーの動員は合計7万人となり、こちらも自身最多を更新した。


ファイナルにふさわしく、本公演には様々なサプライズ出演の演出が用意された。
米津玄師が初めてダンスに挑戦した楽曲「LOSER」ではダンスの師である辻本知彦が、「Moonlight」では菅原小春が登場し、ダンスという身体表現で楽曲を彩り、観客はよりその世界観に没入していった。
そして本編最後に米津玄師から紹介されてステージに登場したのは、俳優で昨年歌手デビューも果たした菅田将暉。米津玄師が「彼がいなかったら出来なかった曲なんです」と紹介すると、対する菅田将暉は「今年こういった舞台に出るのは今日が初めてなんです。それがいきなり武道館ですよ」と話し、「BOOTLEG」に収録されたコラボ楽曲「灰色と青」を2人で初披露した。
最後は2人で抱き合い、観客の盛り上がりは最高潮のなか本編を終えた。

2017年11月1日、アルバム「BOOTLEG」のリリースとともにスタートした今回のツアー。
アルバム「BOOTLEG」という他者との関係で作り上げた作品を、ライブの表現でもたくさんの人間と表現する事により、今までにはない挑戦的なツアーとなり、大歓声の中、幕を閉じた。

(撮影:中野敬久)

米津玄師 2018 LIVE / Fogbound

東京・日本武道館
2018年1月10日セットリスト

01.fogbound
02.砂の惑星
03.ナンバーナイン
04.飛燕
05.春雷
06.かいじゅうのマーチ
07.アイネクライネ
08.orion
09.LOSER
10.ゴーゴー幽霊船
11.爱丽丝
12.ドーナツホール
13.ピースサイン
14.Nighthawks
15.love
16.打上花火
17.Moonlight
18.灰色と青(+菅田将暉)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top