まるで本物の姉妹のような乃木坂46衛藤・伊藤・久保が演じる舞台「三人姉妹」が開幕

赤澤ムック氏、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里(左から)

乃木坂46の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が出演する舞台『三人姉妹』が17日、東京・銀座の博品館劇場で開幕。公演前に囲み取材と公開ゲネプロが行われた。


『三人姉妹』は、ロシアの文豪アントン・チェーホフの四大戯曲の1つ。モスクワへの帰郷を夢見ながら、理想と現実の間で揺れ動く姉妹の姿を描く。
長女のオリガを1期生の衛藤美彩が、次女のマーシャを2期生の伊藤純奈が、三女のイリーナを3期生の久保史緒里が演じる。

久保はこれまで、3期生による舞台公演『3人のプリンシパル』や『見殺し姫』に出演した経験があるものの、先輩メンバーや他の大勢の役者たちにまざっての舞台は今回が初めて。
囲み取材では緊張の面持ちで姿を見せ、受け応えに詰まると隣の衛藤が助け舟を出したり、劇中の可愛らしいセリフを披露した久保が照れて衛藤の腕にしがみつくなど、本物の姉妹さながらの仲の良さを伺わせた。

三姉妹の配役は実際の年齢やグループに加入した順番とも重なる。
長女役の衛藤について末っ子の久保が「メイクとかを教えてくださるし、やってくださるので、本当にお姉ちゃんみたいです」と信頼を寄せると、衛藤は「でもこの子、塗ったネイルをすぐグチャグチャにしちゃうんですよ。本当にリアル三女って感じです」と明かし、久保は「恥ずかしい〜」と大照れ。
伊藤は先輩の衛藤について「醸し出すオーラがすでに長女だから、本人が意識していなくても、私たちは『ああ、やっぱりお姉ちゃんだな』って思うことが多々ある」といい、「立ち居振る舞いからもうお姉ちゃん。メイクとかも自然に教えてくれるし、しかもやってくれる」と面倒見の良さを明かす。衛藤は「ごめんね、おせっかいで。ついついやっちゃう」と可愛い後輩たちを放っておけない様子だった。

演出を手掛けた赤澤ムック氏は、3人について「初対面の時の印象を思い出そうとしたんですけど、すっかり忘れてしまった」といい、「なぜかというと、長い稽古時間ではなかったんですけど、全員がちゃんとこの作品に向き合って、しっかり稽古できたので、今はもう女優としての3人の印象しかありません」と語る。
衛藤について「“優等生キャラ”とよく言われているのは、努力家だからなんだなと思った。稽古で消化できないことがあっても、翌日には確実にそれを超えていらっしゃる。凄みがありますね」と感心しきりで、伊藤を「感性が豊かな方。こっちがコメントしたことに対して、思いがけないところから返して、しかも正解の道を突き進める強さがある」と賞賛。
末っ子の久保については「見ておわかりのように、稽古場のマスコットキャラクターのように皆さんに愛されて、彼女がいることによって稽古が潤滑に進んだ」と周囲を笑わせながら、「体当たりで頑張ってくれているので、本番がとても楽しみです」と期待を寄せた。

舞台『三人姉妹』は本日1月17日から2月4日まで同所にて上演。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top