モノクロ映画のお姫様演じた綾瀬はるかを坂口健太郎・石橋杏奈ら絶賛「オードリー・ヘップバーンのよう」

「今夜、ロマンス劇場で」ジャパンプレミア

「今夜、ロマンス劇場で」ジャパンプレミア

映画『今夜、ロマンス劇場で』のジャパンプレミアが18日、東京・港区のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、中尾明慶、石橋杏奈、武内英樹監督が劇場前の大階段に敷かれたレッドカーペットに登場。その後、劇場内に場所を移して舞台挨拶を行った。


本作は、映画監督を夢見る純朴な青年・健司の前に、モノクロ映画のスクリーンの中からお姫様が飛び出してくるという、ファンタジックかつロマンティックなラブストーリー。
綾瀬と坂口は過去『海街diary』『高台家の人々』で同じ作品に出演するも共演シーンはなく、本作で初共演を果たした。

健司を演じた坂口は、スクリーンから飛び出してきたお姫様・美雪を演じた綾瀬について「美しかったです」と絶賛。「クランクインした時に、綾瀬さんが美雪の衣装を着てらっしゃったんですけど、その瞬間から美雪姫としていらっしゃっていて、僕も健司としてのお芝居がすごくやりやすかった」と撮影を振り返る。
続いて綾瀬の印象を聞かれた中尾も「美しかったです」と答えをかぶせて会場を笑わせた。

作品の内容にちなみ「映画やテレビの画面から出てきてほしい人は?」との質問では、石橋がオードリー・ヘップバーンの名前を挙げ、「でも今回の作品は本当に綾瀬さんがオードリー・ヘップバーンみたいなんですよ」と話すと、進行役を務めたフジテレビの笠井信輔アナウンサーも「わかるそれ」と納得の表情。
実際、王女と身分違いの青年の恋は『ローマの休日』を彷彿とさせるが、綾瀬自身も本作の撮影にあたってオードリー・ヘップバーンの作品を見直したといい、「歩き方や所作を、いろんな作品を見てイメージしてみました」と役作りの参考にしたことを明かした。

また舞台挨拶では、綾瀬演じる美雪がツンデレ王女であることから、キャストに「自分は振り回すほうか、振り回されるほうか」と質問。
坂口は「振り回されてるフリをするタイプですね」と答え、「振り回したい気持ちもすごくわかるけど、それがたぶんできないから、振り回されているんだけど振り回されてやってるんだぞ的な感じ」と説明。会場の女性から「可愛い〜!」と黄色い歓声が飛ぶと、本田は「ちょっと待ってください、可愛いんですか!?」と目を丸くしていた。

映画『今夜、ロマンス劇場で』は2月10日(土)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top