岩田剛典を斎藤工が翻弄…予測不能の純愛サスペンス「冬きみ」予告編公開

映画『去年の冬、きみと別れ』:本ポスター

EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が単独初主演を飾る映画『去年の冬、きみと別れ』のポスタービジュアルと本予告が公開された。


映画は芥川賞作家・中村文則による、映像化困難と言われた重厚なサスペンス小説が原作。
謎の焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライター・耶雲恭介を岩田が演じ、耶雲の婚約者・松田百合子役で山本美月、耶雲の取材対象者であり、事件の被告である世界的フォトグラファー・木原坂雄大役で斎藤工、耶雲が事件の取材ルポタージュの提案をする週刊誌・編集者の小林良樹役で北村一輝らが出演する。

映画『去年の冬、きみと別れ』:本ポスター
映画『去年の冬、きみと別れ』:本ポスター
©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
「すべての人が この罠にハマる」というキャッチコピーが踊る本ポスターと同様に、予告編は「観た人全員、ダマされるー」という言葉と共に幕を開ける。
最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者・耶雲恭介(岩田)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤)。事件の真相に関する本を出版社に持ち込むも、編集者・小林良樹(北村)に、すでに過去の事件だ、と一蹴されてしまう。
それでも取材を進め、ついに、事件の手掛かりを突き止めた耶雲だったが、事件にのめり込むあまり、木原坂の魔の手が婚約者・百合子(山本)に迫っていることに気付かず、百合子が監禁されてしまう。

映像ではm-floが書き下ろした主題歌「never」の音源も初解禁。儚き愛を謳う楽曲とともに、耶雲と百合子の幸せに満ちた日々から一転、火花を散らす耶雲と木原坂の“重要なシーン”を皮切りに、怪しさを増していく木原坂の姿が映し出される。

百合子を助け出そうと面会を試みるが「彼女は、自ら望んでここにいる」と木原坂から拒絶され、一方、木原坂の姉・朱里(浅見れいな)から真実を知りたいかと迫られる耶雲。燃え盛る炎を前に狂喜乱舞する木原坂姉弟、怯えている小林の姿を含め、意味深なシーンの連続となっている。

映画『去年の冬、きみと別れ』は、3月10日(土)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!