深川麻衣&山下健二郎が淡い初恋エピソードを告白「いい思い出でしょ?」

映画『パンとバスと二度目のハツコイ』完成披露舞台挨拶

女優の深川麻衣と三代目J Soul Brothersの山下健二郎が22日、東京・調布市の劇場で、映画『パンとバスと二度目のハツコイ』の完成披露舞台挨拶に登壇。作品のタイトルにちなみ、初恋のエピソードを披露した。


深川は「私の初恋は小学校1年生の時なんですけど、6年生まで同じ男の子を好きだった」と一途な初恋を明かし、「小学校2、3年くらいの時に、その男の子にウサギの消しゴムが3つ入ったセットをなぜか急にもらって、それがすごい嬉しくて、勉強机の鍵がかかる引き出しの中にしまって、たまに出して眺めるということをしてました」と懐かしんだ。
続いて、山下は「実家が京都なんですけど、親の転勤で奈良にいた時期があって、その時期に初恋をしまして、また京都に転校する前に、最後にその子と一緒に四つ葉のクローバーを探した思い出があります」と淡いエピソードを告白。「いい思い出でしょ?」と得意満面だった。

映画は、独自の結婚感を持った“恋愛こじらせ女子”の主人公・市井ふみと、偶然再開した初恋相手・湯浅たもつが織りなす、コミカルでちょっと切ない恋愛群像劇。
深川がパン屋で働く市井ふみ役で映画初出演にして初主演。山下が相手役を演じる。

イベントでは、劇中で2人が一緒に作る、クマの形をしたパンと同じデザインの特大サイズのパンがステージに登場。深川がデコレーションを加えてパンを完成させた。
なお、劇中にも登場するこの“くまさんパン”が、京王食品が展開するベーカリー&カフェ・ルパ調布店にて、2月10日より期間限定で販売される。

さらにイベントの後半には、本作の主題歌を歌うLeolaがステージに登場。主題歌「Puzzle」を生披露した。
歌い終えたLeolaは「緊張しました〜!」と第一声。「すごく緊張しましたが、こんなステージで歌わせていただけるのは光栄だなと思いました。ありがとうございました」と笑顔を見せた。
同じ事務所に所属する山下が「あのね、上手すぎるね。CDちょうだいな。同じ事務所やからな」とCDをもらう約束を取り付けると、深川も「歌声も歌詞もすごく素敵すぎて……私も事務所違うんですけど、ぜひCDを」と、山下に乗っかりCDをおねだりして会場を笑わせた。

最後は主演の深川が「自分にとってもとても大切な作品なので、ぜひ映画館でたくさんの方に観ていただきたいのと、観る方の価値観によっても心に残るものが変わってくる映画だと思うので、皆さんに自由に想像していただいて、楽しんでいただけたら嬉しいです」とメッセージを送り、舞台挨拶を終えた。

映画『パンとバスと二度目のハツコイ』は、2月17日(土)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!