松坂桃李&沢尻エリカ、メンタリストDaiGoに心を見透かされ唖然

メンタリスト・DaiGoと松坂桃李、沢尻エリカ

俳優の松坂桃李と女優の沢尻エリカが23日、都内で行われた映画『不能犯』のイベントに登場。メンタリスト・DaiGoと心理戦を行った。


映画は「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。“思い込み”や“マインドコントロール”で人を殺すなど常識的に考えて犯行を証明できない、立証不可能犯罪=“不能犯”のプロフェッショナル・宇相吹正と彼に翻弄される人々の悲惨な運命を描いたスリラー・エンタテインメント。

イベントには作品の内容にちなんで、人の心を操るスペシャリスト・DaiGoが登場。用意された8色のマジックの中から松坂と沢尻が選んだ1本を当てるという心理戦に挑んだ。
松坂は「たぶん僕はめっちゃ簡単」、沢尻も「私もわかりやすいと思います」と自信がなさげな2人だが、DaiGoは「面白いことに、『俺は絶対見抜かれない』と言っている人ほど簡単なんです。だから今お2人は『わかりやすい』とおっしゃったので、難しいタイプの前兆です」と警戒する。

DaiGoから「利き手でケースを持って反対側の手で色を選ぶこと」と「目を瞑ったりせず必ず自分の意思で選ぶこと」という2つのルールが提示され、最初に松坂桃李が挑戦。
選ぶ前にDaiGoは松坂に「どれでも構わないです。僕は青が好きなんですけど、青が好きだから青を取ってもいいんですけど、プロフィールとかに書いてあるかもしれないし、青だとバレそうだなと思ったら変えてもらっても全然OK。ちなみにオススメは緑色なんですけど」と言葉をかける。

松坂が選んだのは「緑」。マジックをケースに戻すと、後ろを向いていたDaiGoが向き直り、イベント中に松坂が話した内容から「集中力が高く真面目で、さらにもっというと負けず嫌いでこだわりが強い」と分析し、「そういう人に挑発をかけると、パッと見は乗ってこないんですけど、必ず乗ってくる。だから選んだ色は間違いなく直前に挑発をかけた『緑』です」と見事に的中。会場から歓声があがり、DaiGoのスキルを目の当たりにした松坂と沢尻も「すご~い!」と感嘆の声を漏らした。
見抜かれた松坂が「緑が好きな色でもあったんですよ。最初『オススメは緑』と言われた時に、変えるのも嫌だし……目に優しい色が好きなんですよ」と心情を説明すると、DaiGoは「動揺するといろんなことを言うようになる」と言って笑わせた。

続いて沢尻が挑戦。後ろを向いたDaiGoが「決まったら教えてくださいね」と声をかけ、再び「緑」を選んだ沢尻が「決まりました!」と返事。
DaiGoは「今の声のトーンが特徴的ですよね。ちょっと楽しそうでしたね」と指摘し、「ちょっとはしゃいでいる感じがしたので、何か仕掛けてきましたね。だいぶ裏をかいた選択をしている可能性が高いと思います」と読む。「パッと見の印象では、直感とか感性のタイプの方だと思うので、おそらく紫とかそっち系の色に行くかなと思ったんですけど、たぶんこれは違いますね」と分析し、「今の声のトーンからすると裏をかいているので、この中で最も裏をかいた攻撃的な選択は同じ色だから、もう一度『緑』」と再び的中させ、会場をどよめかせた。

「本当に好きな色は水色」という沢尻に、DaiGoは「僕の経験では、水色は天然な人がとる。自分の世界を持っている人とか」と説明。「ちなみに緑が好きな人は、初対面の相手に対する壁が高くてなかなか心を許さないんですけど、1回心を許しちゃうと手放しに相手を信用してしまうので、騙されるときすごい騙される」といい、松坂は「気をつけます」と苦笑いを浮かべていた。

映画『不能犯』は、2月1日全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!