ももクロ百田夏菜子、マーベル最新作でハリウッド声優初挑戦

日本語吹替声優を務める百田夏菜子

ももいろクローバーZの百田夏菜子が「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオによる映画『ブラックパンサー』の日本語吹き替え声優を務めることがわかった。


本作は、超文明国家ワカンダを統治する若き国王ティ・チャラが、国を守るためにブラックパンサーとして活躍する姿を描くアクション・エンターテイメント作品。

百田が声を担当するのは、主人公ティ・チャラの妹であり、ワカンダNo.1の天才科学者・シュリ。
ブラックパンサーのスーツなど、劇中に登場する数々の最新ガジェットの開発者で、世界を崩壊させるほどの力を得られるというワカンダでしか採取されない貴重な鉱石“ヴィブラニウム”から様々なテクノロジーを生み出す唯一無二の存在として、兄であり国王のティ・チャラ(ブラックパンサー)を支える重要なキャラクターだ。

今回、王女でありながら天真爛漫で元気なキャラクターと、百田の見る人の気持ちを明るくさせる元気なイメージが一致したことから起用が決定。
百田は「たくさんのファンがいらっしゃる作品に今回から初参加するプレッシャーもありました。でも素直に嬉しい! やりたい!と思いました。シュリという女の子になりきれるよう頑張りましたので、私の声が届いたら嬉しいな」と抜擢に喜びのコメント。
また「国王」「ブラックパンサー」という2つの大きな使命をもった主人公に対して「私自身も、突然ももいろクローバーZのリーダーになるように言われたので、主人公の気持ちがわかります。私は、メンバーをはじめ、たくさんの人に助けられながらやってきたので、きっとティ・チャラも周りの人に助けられて、成長するのだと思います」とリーダーとしての自分の姿と重ね合わせたようだ。

百田は、2月5日に実施される本作の韓国プレミアにも参加することが決定。初めての海外レッドカーペットに「今からドキドキしています!これまでは、レッドカーペットの様子をみる側だった憧れの場所。自分が歩いているのは想像できないけれど、その場を楽しみたいと思います」と胸を躍らせている。

映画『ブラックパンサー』は3月1日(木)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top