2017年ライブ観客動員1位は三代目JSB 乃木坂46が初のトップ10入り

LiveFansが年間推定観客動員ランキングを発表

音楽ライブ情報サービス「LiveFans」が2017年の年間推定観客動員ランキングを発表した。


ランキングは2017年1月1日〜12月31日までに開催されたライブ・コンサートの情報を元にしたライブファンズ独自の調査結果によるもの。

総合部門1位に輝いたのは三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2016年11月から行われているドームツアー「METROPOLIZ」と、その続編ともいえるツアー「UNKNOWN METROPOLIZ」を開催。「UNKNOWN METROPOLIZ」ツアーでは、前年にBIGBANGが記録した年間動員数歴代最多記録を更新したうえ、ザ・ローリング・ストーンズが1990年に記録した1ツアーでの東京ドーム公演数の最多記録(10公演)に並んだ。

以下、2位にBIGBANG、3位に日本音楽界史上初となる1年に2度の5大ドームツアーを成功させた関ジャニ∞と続く。
初のトップ10入りを果たしたのは乃木坂46。恒例の全国ツアー、明治神宮球場公演や、初の東京ドーム公演といった大型コンサートに加え、アンダーメンバーによる全国ツアーや3期生公演など、精力的にライブを行った。
なお、女性アイドル部門では2位にももいろクローバーZ(総合27位)、3位にモーニング娘。’17、4位にBABYMETAL、5位には6月に解散コンサートを実施した℃-uteがランクインしている。

あわせて発表されたメーカー別シェアでは、エイベックス・エンタテインメントが24.8%でトップ。以下、ユニバーサルミュージック(13.4%)、ソニー・ミュージックレーベルズ(11.8%)と続く。(※上位200組の集計結果)

2017年 年間ライブ動員ランキング(総合)

順位 / アーティスト名 / 推定動員数(人)/ 公演数 / 1公演あたり平均
1.三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE / 1,802,976 / 37 / 48,729
2. BIGBANG / 1,076,500 / 21 / 48,729
3. 関ジャニ∞ / 989,238 / 20 / 49,462
4. 嵐 / 843,714 / 18 / 46,873
5. Hey! Say! JUMP / 823,000 / 37 / 22,243
6. Mr.Children / 792,614 / 30 / 26,420
7. 東方神起 / 570,738 / 11 / 51,885
8. SHINee / 558,238 / 29 / 19,250
9. AAA / 541,600 / 19 / 28,505
10. 乃木坂46 / 496,758 / 43 / 11,553
11. 桑田佳祐 / 492,438 / 20 / 24,622
12. iKON / 474,822 / 35 / 13,566
13. GENERATIONS from EXILE TRIBE / 433,056 / 29 / 14,933
14. EXILE THE SECOND / 423,689 / 38 / 11,150
15. ジャニーズWEST / 394,900 / 31 / 12,739
16. Kis-My-Ft2 / 380,400 / 31 / 12,271
17. NEWS / 371,900 / 26 / 14,304
18. ONE OK ROCK / 367,700 / 32 / 11,491
19. GLAY / 365,749 / 43 / 8,506
20. back number / 356,636 / 31 / 11,504
21. ケツメイシ / 353,868 / 29 / 12,202
22. ゆず / 351,607 / 27 / 13,022
23. UVERworld / 350,615 / 61 / 5,766
24. BTS (防弾少年団) / 346,300 / 15 / 23,087
25. コブクロ / 344,916 / 31 / 11,401
26. KinKi Kids / 339,563 / 8 / 42,445
27. ももいろクローバーZ / 297,421 / 34 / 8,748
28. RADWIMPS / 283,254 / 21 / 13,488
29. 星野源 / 280,198 / 22 / 12,736
30. V6 / 276,000 / 21 / 13,143
※音楽ライブ情報サービス「LiveFans」調べ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top