原作に「騙された」岩田剛典、「映画で騙し返せてよかった」

「去年の冬、きみと別れ」完成披露試写会

「去年の冬、きみと別れ」完成披露試写会

映画『去年の冬、きみと別れ』の完成披露試写会が25日、都内の劇場で行われ、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典、女優の山本美月、瀧本智行監督、原作者の中村文則氏が舞台挨拶に登壇した。


盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライター・耶雲恭介が、その真相を追ううちに、いつの間にか抜けることの出来ない深みにのみ込まれていく様を描く本作。
原作は芥川賞作家・中村文則氏によるサスペンス小説で、先の読めないストーリーが猛スピードで展開し、随所に張り巡らされた罠がラストですべて明らかになる。
原作を読んで「まんまと騙された」という岩田。「結末を知った時に、また最初から何度も読み返したくなるような作品。ラストの終わり方に衝撃を受けました」とセンセーショナルな小説に舌を巻く。

一方、映像化不可能といわれた原作の著者である中村氏は「脚本を見させていただいた時に『この手があったか』と驚いて、これは僕も映画を見てみたいと思って映像化を承諾した」と打ち明ける。
完成した映画について、「原作の核を見事に捉えてくださっていて、さらに映像ならではの変更がまた面白くて、観ながら原作者というのを忘れて、いち観客として見入ってしまった。気持ちよく騙されて、素晴らしい映画体験をさせていただきました」と感想を述べると、岩田は「原作者の方にそう思っていただける映画になってよかった。僕は原作を読んで騙されたので、映画で騙し返せてよかったです」と満足そうに微笑んだ。

岩田は本作が単独初主演映画。「暗く深い、長いトンネルをずっと走っているようで、いつ出口が見つかるのかと暗中模索しているような気分だった」と撮影期間を回顧。監督が夢に出てくることもあったそうで、「それくらい役柄に没頭できた作品は今回が初めて。耶雲恭介という役が自然と取り憑いているような感覚もありました」と濃厚な撮影期間を振り返った。

本作には耶雲の取材対象者であり、事件の被告であるフォトグラファー・木原坂雄大役で斎藤工も出演。この日は欠席となったが、瀧本監督は「最初にカメラの前に立った瞬間に、木原坂がここにいるという感じがあった」「この役は斎藤くん以外考えられないんじゃないかというくらい適役」と、その存在感に太鼓判。
対峙する場面の多い岩田も「迫力満点でした」と同意し、「木原坂としての斎藤さんの目の奥にある闇みたいなものに何度もゾッとする経験をしました」と、斎藤の芝居に圧倒された様子だった。

また、舞台挨拶の終盤、作品のタイトルにちなみ、「去年の冬に別れを告げたもの」を聞かれた岩田は「よく足をいろんな角にぶつけるんですけど、右足の親指に大きな血豆をつくってしまって、それが育って、冬になってようやく血豆の色が付いている部分を爪切りで切ることができました」と意外な一面も披露した。

映画『去年の冬、きみと別れ』は、3月10日(土)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!