ピース又吉直樹主演「海辺の週刊大衆」4・14公開決定

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が主演を務める映画『海辺の週刊大衆』の公開が4月14日(土)に決定した。シネ・リーブル池袋ほかで全国順次公開される。


「海辺の週刊大衆」メインビジュアル

「海辺の週刊大衆」メインビジュアル
©2017吉本興業 ©せきしろ『海辺の週刊大衆』双葉社

本作は、無人島に取り残された男が、砂浜にあった週刊誌・週刊大衆1冊とともに救助を待つだけという“徹底的に何も起きない”サバイバル・ムービー。沖縄国際映画祭でも、「セリフが少ない主役」と自虐的にコメントした又吉の言葉通り、何も起こらないシュールな妄想コメディ映画となっている。

無人島に取り残された男を又吉が演じ、ヒロイン・ユキ役にはNMB48の渋谷凪咲が抜擢。週刊大衆の表紙・本人役にグラビア・バラエティーにて大活躍の磯山さやか。その他共演に、矢本悠馬、鈴木福、鈴木楽、平田敦子、高橋努ら実力派俳優達が名を連ねる。

本日1月27日よりムビチケ発売にあわせてキービジュアルも解禁された。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top