福士蒼汰の役者魂に驚きの声 足の小指にヒビ入るも「全然大丈夫です」

映画「曇天に笑う」プレミアイベント

俳優の福士蒼汰が29日、東京・港区の増上寺で行われた映画『曇天に笑う』のプレミアイベントに、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、若山耀人、加治将樹、本広克行監督とともに出席。アクションシーンの撮影中に足の小指の骨にヒビが入ったが、「大きくない怪我」と話して周囲を驚かせた。


本作は累計120万部を誇る人気同名漫画を『踊る大捜査線』『亜人』の本広克行監督が実写化。
物語の舞台は明治維新後の滋賀県・大津。国の平和を守ることを生業とする曇天三兄弟を中心に、強く美しく戦う男たちがそれぞれの運命に挑む様を派手なアクション満載で描く。

本作で下駄を履き、鉄扇を使っての殺陣に挑戦した福士。「鉄扇はリーチが短かったりで難しい部分もあったんですけど、僕はカリという武術をやっていたので、その技術を応用しました」と、ほぼノースタントで行ったアクション撮影を回顧。「接近したアクションに危険はなかったか」と聞かれ、「大きな怪我はなかったと思います。僕的に大きくない怪我はありますけど……まあ生傷とかはあるんですけど、でも大きな怪我なくできたと思います」と笑顔で報告すると、本広監督から「ヒビ入らなかった?」と確認され、集まった観客からも驚きの声が漏れた。
関係者によると、福士は不慣れな下駄を履いてのアクションで足の小指にひびが入ったものの、自然治癒し、撮影には影響がなかったという。
本広監督は「大きいよね? 今、違う映画のことかと思った。かなり重傷でしたよ」とツッコミ。福士は「そうですね。ちょっとご迷惑をかけた点もあったかもしれないですけど、動き的には問題なくできましたし、全然大丈夫です」と役者魂をのぞかせていた。

今回、物語の中心となる曇天三兄弟の長男・天火を福士蒼汰、次男・空丸を中山優馬、三男・宙太郎を若山耀人が演じる。
男兄弟がいない中山は「福士くんは身長も大きいし、イケメンだし、『兄貴!』っていう感じで、最初に会った時から兄貴として受け入れられました。弟は可愛いし、人懐っこいし、男兄弟いたらこんな感じなのかなと思いました」と本作で演じた三兄弟がしっくりきた様子。
福士は実際は末っ子だが「優馬と耀人が現場に入った瞬間に弟でいてくれたので、2人が兄にしてくれた」と弟たちに感謝。
三男・宙太郎役の若山耀人は14歳。「(現場で)一番優しかったのは誰?」と聞かれ、悩んだ挙句、「僕の中の一番のお兄さんは本広お兄さん」と監督の名前を挙げると、共演者から「大人な発言すんなよ」と一斉にツッコミ。キャスト陣は「社会の生き方を覚えたな」「お兄さんたち無駄にドキドキしちゃった今」と不服そうだった。

また、本作は同年代の若手俳優が集結し、いわゆるヒロインとなる女優がいないが、福士は「僕は今作のヒロインは優馬だと思ってる」と話し、中山が「そうよ」と突然の女言葉で笑いを誘う場面もあった。

映画『曇天に笑う』は3月21日(水・祝)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!