マジカル・パンチラインの海外向けマガジン撮影に密着 中国ライブ振り返り・行きたい国・海外に伝えたいもの・3年目の抱負など

マジカル・パンチライン

5人組アイドルグループのマジカル・パンチラインが、日本が好きな外国人のためのフリーマガジン「QtoJAPON(キュートジャポン)47/48号」の表紙および誌面に登場する。TOKYO POP LINEでは、1月下旬に行われた撮影に同行し、その様子を取材した。


今回は、ベルエポック美容専門学校の協力のもと、原宿にある同校の教室で撮影を実施。担当したのは、これまでに何度もマジカル・パンチラインの撮影を手掛けている、メンバーも顔馴染みのカメラマンということもあり、終始和やかな雰囲気のなか進行。
5人での表紙撮影にはじまり、誌面用の1人ずつのカット、最後に再び5人で裏表紙の撮影。合間には、読者プレゼント用の“合格祈願チェキ”にサインしたり、アンケートやインタビューを次々とこなしていった。
表紙や裏表紙の撮影のため1箇所に集合すると、和気あいあいと笑顔がこぼれる5人。だが、いざ撮影がはじまると、一変して真剣な表情に。シャッターにあわせて表情やポーズに変化をつけるなど、結成から2年が経ち、こうした撮影もすっかり板についた印象だ。


また、今回はメンバーのヘア&メイクをベルエポック美容専門学校ヘアメイク科の生徒が担当。これはメンバーにとっても新鮮な体験だったようで、ユーナ(沖口優奈)は「ヘアメイクを学生の方にやっていただくというのはみんな初めての機会だったので、どんな感じなんだろうってソワソワしていたんですけど、少しお話させていただいたら、私の1個下の方だったんですよ」と衝撃の事実に目を丸くする。「年下の方なのにしっかりしていて、髪もメイクもすごく綺麗にしていただいて、嬉しかったし、楽しかったです」と感謝の気持ちを口にしていた。

撮影を終えた5人にインタビュー 中国・広州でのライブを振り返る

――撮影お疲れ様でした。「QtoJAPON」は主に外国人留学生に向けて発行されているメディアですが、昨年11月に行った中国・広州でのライブはどうでしたか?

浅野杏奈(以下、アンナ) 個人的に中国語を勉強しているんですけど、中国語で話しかけたらファンの方もすごい元気に返してくださって、熱気を感じました。

清水ひまわり(以下、ヒマワリ) 盛り上がり方は日本と似たような感じで、掛け声とかもあったので、「やっぱりアイドルは世界共通や!」って思いましたね。

佐藤麗奈(以下、レナ) 2部構成のイベントで、もう1組出演していたアイドルグループのライブを見ていたら、中国の方はMIXを入れたそうだったんですよ。現場でやったことがなくて、でもやりたい、というのが伝わってきて。でも残念ながら、マジパンってMIX入れる曲があんまりなくて……(笑)
マジパンももうちょっとノリやすい曲があったら、きっとみんな困らないで最初からノッてくれるのかなと思いました(笑)

――3泊4日の中国滞在で特に印象に残っていることは?

撮影の様子

撮影の様子

アンナ 信号が怖かったです。日本では赤に変わったあとにゆっくり車が来るじゃないですか? 中国って赤に変わった瞬間に車が来るんですよ。

沖口優奈(以下、ユーナ) 渡りきって、パッと振り返ったらもう車通ってたり(笑)

小山リーナ(以下、リーナ) 鳩の足を初めて食べました。でもけっこう美味しかったです。鶏みたいな感じ。

ユーナ みんな食べることが大好きで、地方とかに行かせていただいた時もご飯食べる量がすごいんですよ。広州では小籠包を食べに行って、そこでリーナちゃんが頼んだ杏仁豆腐がめちゃくちゃ美味しかったです。中華料理は本場だけあってやっぱり違うなって。本物の味がしました。

ヒマワリ 私は春巻きがすごい美味しかったです。たまに本場の味を思い出して「あ~、また行きたい」ってなります。

仕事やプライベートで行ってみたい国

――では、次に海外でライブをやるとしたら、どこでやりたいですか?

レナ 韓国?

リーナ やりたいね!

レナ なんか韓国って日本の女の子のメイクが好きらしくて、チークが濃かったりとか、それだけでも韓国にはあまりないメイクの文化だと聞いたので、日本のアイドルにこういう人がいますよっていうのを韓国の人に教えに行きたいです。

清水ひまわり

ヘアメイク中の清水ひまわり

ヒマワリ 私はアメリカとか英語が伝わるところに行きたいです。

――英語しゃべれるんですか!?

ヒマワリ 全然しゃべれないです!小・中学校で習う程度。でも一応、わかるといえばわかるじゃないですか? 「ハロー」とか「サンキュー」とか。

リーナ めっちゃ簡単やん(笑)

アンナ (マネージャーを指して)もうマネージャーさん頭抱えちゃったよ(笑)

ヘアメイク中の沖口優奈

ヘアメイク中の沖口優奈

――では、プライベートで行きたい国は?

アンナ イタリアに行きたいです。イタリアンが好きで、しかも今、友達がイタリアに留学しているので、友達に会いに行きたいです。

リーナ ハワイとか。海がすごい好きなので、泳ぎたいです。

ユーナ 日焼けするよ。

リーナ これ以上焼けたら見えなくなっちゃう(笑)

レナ パリに行きたいです。洋服の街で買い物したいですね。

ヒマワリ スペインとか、地中海のほうに行ってみたいです。オシャレなので。あと猫がいっぱいいると聞いたので、猫探しの旅に行きたい。

レナ 言葉通じなくて、現地の人にめっちゃ怒られそう(笑)

ヒマワリ 勉強してから行く!

ユーナ 私はドイツに行きたいです。この前調べていたらすごい街並みがオシャレで、そこに写真を撮りに行きたい。あと、ソーセージが食べたい。

一同 あ~、食べた~い。

ヒマワリ ウユニ塩湖……

一同 (?)

ヒマワリ ありませんでしたっけ? ありますよね! あそこ、すごく行ってみたくて。

ユーナ どこ?

ヒマワリ 湖なんだけど、水面が鏡みたいで空が映るの。歩いてると自分だけの世界みたいな写真が撮れるの!後で写真見せるね!そこに行きたいです、わたくし。

さとれなが外国人にぜひ勧めたいモノ

――海外の方に是非伝えたい、知ってもらいたいという日本の文化などはありますか?

アンナ 温泉ですね。長野県とか大分県とか、いろんなところの温泉巡りをしてもらえたら楽しいんじゃないかなと思います。温泉ごとに効能も違うし、場所によって食べ物も違うので、温泉の後に日本食を食べて“和”を感じてほしい。

ユーナ やっぱり“和”といえば京都かなと思います。私自身も、京都に行くと「日本ってこういうことなんだな」って、日本人ながらに思うことが多いですし、京都に行ってお寺を巡って、抹茶とか日本の味を楽しんでもらえたら日本を感じられるんじゃないかなと思うので、京都に行ってもらいたいですね。

チェキにサインする佐藤麗奈

チェキにサインする佐藤麗奈

レナ 家系ラーメンを食べてほしい。海外にもラーメンはあると思うんですけど、家系ラーメンは本当に美味しいので、そういう日本の手の込んだラーメンの美味しさを味わってもらいたいです。

――佐藤さんはラーメンにうるさいんですか?

レナ うるさいです!ラーメン大好きなんですよ。

ユーナ 初めて聞いたんだけど(笑)

2018年年始から激動のアイドルシーン。マジパンは結成から2年。3年目の抱負は?

マジカル・パンチライン

マジカル・パンチライン

――2018年に入って、アイドルシーンではももいろクローバーZの有安杏果さんの卒業や、GEMの解散など少し寂しい話題が続いています。

レナ 個人的に、GEMとかアイドルネッサンスとか、アイドリング!!!の頃から知っていたグループがなくなるのは時代の変化を感じます。去年も仲間みたいに頑張ってきたグループの解散とかあったんですけど、今年に入ってからエビ中(私立恵比寿中学)の廣田あいかちゃんも転校したり、変化が大きいですよね。
この先もいろいろ変わっていくとは思うんですけど、そのグループの他のメンバーが頑張ったりとか、それぞれのグループにとっていいきっかけになったらいいなと思います。

――佐藤さんは10代ラストイヤーになりますね。10代のうちにやっておきたいことはありますか?

レナ 10代最後の自分の作品を何か作りたいです。写真集だったりフォトブックだったり、自分の姿を残せるものを作りたいですね。

――2月19日で結成2周年を迎えます。3年目に向けて抱負をお願いします。

アンナ 健康でいたいです。メンバーみんな健康でいることが大事だと思うので。

レナ (みんな)体調崩しやすいもんね。ちょっとした風邪とかが(グループ内で)続くタイプ。

ヒマワリ 1人がインフルエンザ持ってきたら全員に感染しそうな免疫力だよね、私たち。

レナ じゃあ3年目は病気に気をつけよう。

ヒマワリ そうだね!ライブで誰も休まない!

ユーナ うん。とにかく健康に、2019年に向けて突っ走って行きたいですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top