欅坂46・平手友梨奈、初の単独ブランドミューズに就任 理想の“24h”を発表

「24h cosme」の真ブランドミューズに就任した平手友梨奈

欅坂46の平手友梨奈が7日、都内で行われた「24h cosme」のブランドリニューアル&新CM発表会に出席した。


「24h cosme」の新ブランドミューズに起用された平手は、同日より放映される新CM「還っていく女」篇に出演。「まさか自分が化粧品のCMをやると思っていなかったので、すごく驚きました」と率直な心境を明かした。
14歳で欅坂46に加入した平手。コスメについて「ちゃんと興味を持ったのは欅坂に入って、メイクさんという方と出会ってから」だといい、現在も「他のメンバーに比べてそんなに美容に詳しくないので、これを機に知っていけたら」と語った。

平手友梨奈
「24h cosme」の新ブランドミューズに就任した平手友梨奈
ブランドミューズへの起用は、同ブランドの創業者で今回ブランドプロデューサーに復帰した藤田真規氏の「絶対的に平手友梨奈さんしかいない」との思いから実現。
CMを手掛けたクリエイティブ・ディレクターの成田洋一氏は当初、16歳の平手の起用に驚いたそうだが、「一番最初に使う化粧品がその人の未来の肌を左右する」と聞き、納得。
実際に本人と対面し、「すごくニコニコしてて可愛らしい」という印象を受けたが、「説明している時もただニコニコ頷くだけなんですけど、撮影が始まって『よーい、アクション!』っていうと、顔がガラッと変わる。天才なんじゃないかと思った」と平手の芝居に驚いた様子だった。

平手自身は川での撮影が印象に残っているそうで「けっこう過酷というか、あんなに急斜面な川は初めて見たので」と振り返る。
冷たい川に入っていくシーンもあり、成田氏は「寒くて水も冷たいので、足湯を用意して『どうぞ入ってください』って言ったんですけど、入らなかったですね」と撮影中のエピソードを明かす。平手は「入らず、遊んでました」と、むしろ川に入って遊んでいたそうで、「楽しかったです」と笑みをこぼしていた。

イベントでは、平手の理想とする24時間の過ごし方も発表。
フリップに書かれたのは「睡眠」「ゴロゴロ」「散歩」「お風呂」だけで構成された24時間。
「ゴロゴロ」については「テレビ見たり、映画見たり、スマホいじったり、本当に何気ないこと」と説明し、4時間を占める「散歩」については「散歩がすごく好きで、MVの撮影とかで遠くに行ったときも、空き時間があったらスタッフさんと一緒にどこか出かけることが多い」と話していた。

なお、CMソングには、3月7日発売の欅坂46の6thシングルにカップリング収録される平手のソロ曲「夜明けの孤独」が使用される。楽曲について平手は「すごくCMとリンクしているなと思ったので、ぜひ歌詞にも注目しながら聴いていただけたら嬉しいです」とアピールした。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!