綾瀬はるか、坂口健太郎にチョコレートケーキを“あ〜ん”

「今夜、ロマンス劇場で」初日舞台挨拶

「今夜、ロマンス劇場で」初日舞台挨拶

映画『今夜、ロマンス劇場で』が10日に公開初日を迎え、本作に出演の綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝、中尾明慶、石橋杏奈、メガホンをとった武内英樹監督が都内の劇場で初日舞台挨拶を行った。


本作は、映画監督を夢見る純朴な青年・健司の前に、モノクロ映画のスクリーンの中からお姫様が飛び出してくるという、ファンタジックかつロマンティックなラブストーリー。

夢見る青年の夢が実現するという本作の内容にちなんで、舞台挨拶では、キャストに1人ずつ「実現してほしい夢は?」という質問が投げかけられた。
最初に綾瀬が「オリンピックも開催中ですし、世界平和です。皆さんがいつも笑顔で健やかに過ごせる、そんな世の中になってほしい」と壮大な夢を語って喝采を浴びると、続く坂口は「世界平和の次ですもんね」と、やや言いづらそうな表情を浮かべつつも、「やっぱり、この作品の大ヒットを」と祈願。

すると、中尾が「“世界平和”、“大ヒット”と来て、今、自分の頭の中にあることがすごく小さいことなんですよ。変えた方がいいのかなと思っちゃってます」と焦りの表情を浮かべる。
女優の仲里依紗を妻に持つ中尾は、2人で街を歩いていると、道行く人から仲と写真を撮りたいと頼まれ、シャッターを押してあげることがあるそう。しかし、「僕が撮った後、僕に来ると思うじゃないですか? その後ね、去っていくんですよ」と自分はスルーされることがあると明かし、「それはけっこう精神的につらいものがある。だからいつか、僕だけ写真を頼まれて、仲里依紗がシャッターを押して、去られる。それは実現してほしいですね」と話して会場の笑いを誘った。
中尾は「世界平和の後に、俺すごい器の小さい人間じゃないですか?」と自嘲しながらも、「本当にけっこうつらいものがあるんですよ。だから街で芸能人夫婦を見かけたら、一応、2人撮ってあげてくださいね。後で削除はできるから。とりあえず1回は撮ってあげて」と切実な思いを訴えた。

この日はバレンタインデーが近いということで、舞台挨拶の終盤には、キャストが仕上げのデコレーションを施したハート型のチョコレートケーキが登場。
綾瀬が坂口の口にケーキを運んであげると、中尾は「ええ? 何それ? 映画で主演とかやるとそんな特典も付くの? 羨ましいな~」と嫉妬の眼差し。
その後、本田が北村に、石橋が中尾にケーキを食べさせてあげることになったが、石橋がフォークにのせたのはトッピングのブラックベリー1粒のみ。中尾は「あ~、全然バレンタイン感じない。小動物の気分」と肩を落とす。
一方、綾瀬に食べさせてもらった坂口は「自分で食べるより美味しく感じましたね」とご満悦だった。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top