GReeeeNが「ママレード・ボーイ」主題歌書き下ろし 4月リリース新アルバムに収録

映画「ママレード・ボーイ」

桜井日奈子と吉沢亮のW主演で人気少女漫画を実写化する映画『ママレード・ボーイ』の主題歌が、GReeeeNの書き下ろし楽曲「恋」に決定した。


1992年から1995年にかけて月刊少女マンガ雑誌「りぼん」で連載された人気少女マンガを、廣木隆一監督が実写映画化する本作は、突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希(桜井)と松浦遊(吉沢)が織りなすラブストーリー。
中山美穂・檀 れい・谷原章介・筒井道隆、佐藤大樹、優希美青と豪華キャストの出演も話題を呼んでいる。

本作のために書き下ろした楽曲について、GReeeeNは「ママレード・ボーイの主人公たちも、永遠に愛を紡いでいくことを願いながら『恋』をしています。この曲を聴いていただいた皆さんも2人出会えたキセキに感謝して、そばにいる大切な人に、これからも気持ちを伝え続けようって思っていただけたら嬉しいです!」と、並々ならぬ思いを明かしました。
メガホンをとった廣木監督は主題歌について「未来を感じさせる歌詞が物語にまた違う広がりを作ってくれました。幅広い年齢層に愛される原作に相応しいエンディングになったと思っています」と新たなラブソングの誕生に確かな手応えを掴んだ様子。

また、GReeeeNは4月11日にニューアルバムをリリースすることが決定。本作の主題歌「恋」も同アルバムに収録される。

映画『ママレード・ボーイ』は4月27日(金)全国公開。

GReeeeN コメント

今あなたは何歳ですか??
大好きな人はいますか??
初めて話したあの日、それからの夜の数だけあなたの事を考えた日々。
『毎日』は僕らの大事なその瞬間を見えづらくしますが、ママレード・ボーイの主人公たちも、永遠に愛を紡いでいくことを願いながら「恋」をしています。

どんな時も「恋」をし続けられたら、僕らはきっと幸せなはず。

この曲を聴いていただいた皆さんも
2人出会えたキセキに感謝して、
そばにいる大切な人に、これからも気持ちを伝え続けようって思っていただけたら嬉しいです!
それでは聴いてください。GReeeeNで、『恋』。

廣木隆一監督 コメント

ピアノのイントロから映画全体を包み込むような曲に仕上がって、未来を感じさせる歌詞が物語にまた違う広がりを作ってくれました。幅広い年齢層に愛される原作に相応しいエンディングになったと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!