高杉真宙「もっともっと上に」 黒沢清監督も期待「トニー・レオンのような俳優に」

スポニチグランプリ新人賞:高杉真宙

俳優の高杉真宙が15日、神奈川・川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで行われた「第72回毎日映画コンクール」の表彰式に出席した。


黒沢清監督の『散歩する侵略者』で、一見ごく普通の若者だが、中身は宇宙からの侵略者という難役を演じた高杉は、今回、スポニチグランプリ新人賞を受賞。
「どんな風に演じるのが正解なのか模索しながら、不安に感じながら演じていたんですけど、こうやって賞をいただくことができて、自分がやっていたものが少しでも宇宙人っぽくなっていたらいいなと安心できた」と受賞を喜ぶ一方で、「自分がこうして新人賞としてここに立てるのは一度きりで、もっともっと上に進んでいくしかない、進んでいきたいという気持ちもある。だから努力して、サボらずに、もっともっといろんな演技をして、またここに立ちたい」とさらなる飛躍を誓った。

表彰式では『散歩する侵略者』で現場をともにした黒沢監督が祝福に駆けつけた。

高杉真宙と黒沢清監督
高杉真宙と黒沢清監督
黒沢監督は高杉について「こういう美しさと男っぽさを同時に持ってる、こういう感じの俳優はなかなかいそうでいない」と絶賛。「日本は日本で素晴らしい役を演じてもらいたいですが、もっと広く世界を目指してほしい。香港のトニー・レオンのような俳優になっていくんじゃないかと僕は思ってます」と期待を寄せた。

また、司会を務めたフリーアナウンサーの生島ヒロシから「自分の顔で一番好きなところは?」と尋ねられた高杉は、「そうですね……あえて言うなら僕は眉が好きです」と照れながら明かしていた。

毎日映画コンクールは1946年、日本の映画産業の振興に寄与し、国民に映画の楽しさを広く伝えることを目的に、毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社によって創設された映画賞。各賞は第一線で活躍中の映画評論家やジャーナリスト、専門家など約80人によって選ばれる。
第72回毎日映画コンクールは2017年1月1日から12月31日までに国内で14日間以上劇場公開された作品を対象に選考され、最高賞である日本映画大賞には大林宣彦監督の『花筐/HANAGATAMI』が輝いた。

「第72回毎日映画コンクール」受賞一覧

■作品部門
日本映画大賞:「花筐/HANAGATAMI」(大林宣彦監督)
日本映画優秀賞:「あゝ、荒野」(岸善幸監督)
外国映画ベストワン賞:「わたしは、ダニエル・ブレイク」( ケン・ローチ監督)

■監督・脚本部門
監督賞:富田克也(「バンコクナイツ」)
脚本賞:石井裕也(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)

■俳優部門
男優主演賞:菅田将暉(「あゝ、荒野」)
女優主演賞:長澤まさみ(「散歩する侵略者」)
男優助演賞:役所広司(「三度目の殺人」)
女優助演賞:田中麗奈(「幼な子われらに生まれ」)
スポニチグランプリ新人賞:高杉真宙(「散歩する侵略者」)
スポニチグランプリ新人賞:伊東蒼(「島々清しゃ」)
田中絹代賞:水野久美

■スタッフ部門
撮影賞:鎌苅洋一(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)
美術賞:竹内公一(「花筐/HANAGATAMI」)
音楽賞:Soi48(宇都木景一、高木紳介)、Young-G ほか(「バンコクナイツ」)
録音賞:加藤大和、高須賀健吾(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)

■ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞:「三里塚のイカロス」

■アニメーション部門
アニメーション映画賞:「こんぷれっくす×コンプレックス」
大藤信郎賞:「夜明け告げるルーのうた」

■TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞
日本映画部門:「忍びの国」
外国映画部門:「ラ・ラ・ランド」

■特別賞
特別賞:佐藤忠男(映画評論家)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!