秋元康×吉本興業「吉本坂46」プロジェクト発足 6000人のよしもとタレントが対象

「吉本坂46」発表会見

よしもとクリエイティブ・エージェンシーが21日、東京・渋谷区のヨシモト∞ホールで会見を開き、秋元康氏がプロデュースする新プロジェクト「吉本坂46」の結成を発表した。


乃木坂46欅坂46に続く坂道シリーズ第3弾となる吉本坂46は、演出をかけたコント感、ゆるいバラエティ感、一切不要のアイドルユニット。
応募資格を有するのは、よしもと所属の芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャン、アイドル、ダンサー、パフォーマーら約6000人。芸歴、男女不問で誰でも応募が可能となっている。

会見には事前に何も知らされていない約100人のよしもとタレントが出席。よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長・藤原寛氏より、吉本坂46の結成が発表されると、場内は騒然となった。半信半疑の芸人たちだったが、続いて秋元氏からのメッセージVTRがモニターに映し出されると、事の重大さに気づいた様子。秋元氏から「最強のグループを作りたいと思います」という熱いメッセージが寄せられると、場内にどよめきが沸き起こった。

また、藤原社長からは、乃木坂46や欅坂46が所属するソニー・ミュージックからメジャーデビュー予定であること、東京ドーム公演と紅白歌合戦出場を目標に掲げて活動することが伝えられた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top