よしもと芸人ら「吉本坂46」に意欲 「ライバルは平手ちゃん」

吉本坂46発表会見

秋元康氏がプロデュースする乃木坂46、欅坂46に続く坂道シリーズ第3弾として、吉本坂46の結成が、よしもとクリエイティブ・エージェンシーより発表された。


約6000人のよしもと所属タレントの中から芸歴・性別不問で希望者を募り、オーディションを実施の上、メンバーを決定する。

21日、東京・渋谷区のよしもと∞ホールで行われた会見後の囲み取材では、グループに入ってほしい人、入ってほしくない人を聞かれた平成ノブシコブシの吉村崇が「河本さんに入ってほしい。さっきからすごい前向きなので」と、会見中に「やります」と即答した次長課長の河本準一の名前を挙げ、「入ってほしくないのは村本。単純に嫌い」と笑いをとる。
その河本は記者から「本当に入りたい?」と聞かれると、「本当に入りたそうに見えないですか?」と逆質問。「乃木坂や欅坂の今の勢いを考えると、吉本も一緒になって上り坂を駆け上がっていきたい」と熱く語り、「ライバルは平手ちゃん。そりゃそうでしょう」と闘志を燃やした。

藤原社長から「吉本坂46」結成が発表された
藤原社長から「吉本坂46」結成が発表された
芸人になる前はアイドル志望でアイドルオーディションを受けていたという南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代は、「男性ファンにワーキャー言われたいので、アジアンの隅田さんと一緒に婚活の意味も込めて一緒に入りたい。2人でちやほやされたい」と気合十分。
グループに入ってほしくない人を聞かれると、「それはもう山ちゃんですね。秋元さんと繋がっていそうだから嫌ですね。メンバー入りしたら抜けます」と相方の山里亮太に拒絶反応を示した。

アイドル好きで知られる平成ノブシコブシの徳井健太は「今って女性だけのアイドルグループと男性だけのアイドルグループがいるんですけど、たぶんそれって今の時代に合ってなくて、この先、男女混合のアイドルグループが来るって言われている」と指摘。会見中に東京ドーム公演と紅白歌合戦出場を目指すことが発表されたが、「僕は秋元先生が嘘をついている姿を1回も見たことがないので、これは本当にドームにも行くし、紅白にも行くと思う」と力説した。

河本は「後々は3人なり5人なりで派生ユニットを組みたい」と展望を語り、ジミー大西は「レモンが似合うアイドルになりたいです」と、テレビ誌の表紙を熱望。
会見の進行役を務めた陣内孝則も「今はちょっとみんな半笑いですけど、国民的ブームになれるような吉本坂46にしたい」と意気込みを語った。

秋元康氏コメント

みなさんこんにちは、秋元康です。

この度、大﨑社長のほうからお話がございまして、乃木坂46、欅坂46につづく、グループを吉本でも作りたい、ということで
吉本の芸人のみなさんにご協力いただいて、吉本坂46を作りたいと思います。

吉本坂が、乃木坂、欅坂のように本当にあるのかは分かりませんが、人気も上り坂、下り坂、いろいろあるように、きっと吉本にも坂があるのでしょう。ですから、吉本坂46、これをプロデュースしたいと思います。

応募資格は、これからオーディションをするわけですが、芸人のみなさん、男女問わず、年齢問わず、経験問わず、どなたでもご応募いただきます。

そして、オーディションをさせていただいて、その中から、まぁ何人でしょうね。
まだ決めておりませんが、最強のグループを作りたいと思います。
それがどういう形のグループになるのかは僕もわかりませんが、是非みなさまのご協力を頂いて、乃木坂46、欅坂46につづく第3弾 吉本坂46を成功させたいと思いますので、宜しくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!