キスマイ北山宏光の”猫姿”解禁「すごくやりがいを感じています」

映画「トラさん」場面写真

Kis-My-Ft2の北山宏光主演で実写化される映画『トラさん』の場面写真が解禁された。


原作は2014年より集英社「月刊YOU」に連載され、シュールな世界感とあたたかいストーリーが人気を博した同名漫画。
交通事故で死んでしまった売れない漫画家・高畑寿々男が、猫として現世に戻され、家族の本当の心・自分の本当の心を見つめ直していく物語。

本作の映画化が発表され、注目を集めたのは、映画初主演の北山が、初の猫役に挑戦するということ。SNS上でも、「猫を演じるって?」と疑問が殺到する中、今回ついに猫を演じる北山の姿が解禁された。

北山自身も初めて話を聞いたときには「どういうこと?」と理解できなかったという初の猫役。しかし、原作を読み、物語をなぞり、「なるほど。」と猫であることの意味を理解。実際に演じてみて、「寿々男であり猫であることの気持ちや感覚がリアルになってきて、もっとこんなこともできるのかなぁって、毎日色々と発見もあります」と手応えを感じている様子で、「猫を演じて、人を演じて、というのはなかなかないことなので(笑)、普段ではできないことをいっぱい詰め込めるので、この役にすごくやりがいを感じています」と語っている。

北山宏光(Kis-My-Ft2)コメント

撮影初日からいきなり“猫”だったんですが、実際に猫を演じてみると、寿々男であり猫であることの気持ちや感覚がリアルになってきて、もっとこんなこともできるのかなぁって、毎日色々と発見もあります。
猫を演じて、人を演じて、というのはなかなかないことなので(笑)、普段ではできないことをいっぱい詰め込めるので、この役にすごくやりがいを感じています。猫だから、猫なのに心は人だからこそできることがある。「カット」がかかって監督がくすりと笑ってくれると、密かに手ごたえを感じています。

ストーリー

売れない漫画家・高畑寿々男は身の程知らずなポジティブ男。酒とギャンブルに溺れる日々を送っていた。
そんなある日。競輪で大当たりして大喜びした帰り道、交通事故で死んでしまう。
何の覚悟も、次の作品の発表も、何の教訓も、残さないまま。嫁と娘を残して。
寿々男が目覚めると、そこは「関所」だった。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決められる、というシステム。寿々男のあまりのクズっぷりに、裁判長も呆れ顔。そして、下された判決は…
『執行猶予一ヶ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫として。』…だった。猫の姿で妻・奈津子と娘・実優のもとに戻った寿々男は…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!