三代目JSB・岩田剛典、anan「官能の瞬間。」特集で妖艶な表情と肉体美を披露

中面:anan2093号(3/7発売号)掲載 ©マガジンハウス

3月10日公開の映画『去年の冬、きみと別れ』で主演を務めるEXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が、anan2093号(3/7発売)「官能の瞬間。」特集で美しい肉体美を披露する。


今回、岩田は表紙および誌面16ページに渡って“官能”を体現している。
編集部が本人に受け入れてもらえるか不安のなか提案したシチュエーションの1つが、シャワーブースでのガラス越しの「官能」。しかし、岩田は撮影前に一通りの撮影内容を説明されると、戸惑いも見せず、男らしく「はい」と快諾した。

anan表紙 ©マガジンハウス
anan表紙 ©マガジンハウス
シャワーブースでの撮影は、岩田とカメラマンのほか最少人数のスタッフで密室状態で行われた為、水の音だけが外に漏れ聞こえてくる状況。編集スタッフはひたすら想像を膨らますばかり。

実際撮影された内容はというと、ガラス越しの妖艶な表情以外にも、シャワーブースに誘うような挑発的な眼差しや、泣き濡らしたような顔で佇む姿もあったりと、普段は見られない官能的な表情が目白押し。
ベッドの上、シャワーブース…さまざまなシチュエーションで、ダンスで磨かれた肉体美を披露した岩田は、「素の自分に近い姿で臨みました」と撮影を回顧。
また、今回の特集テーマについては「肌と肌が触れ合うことによって心が満たされる、その感情が官能だと思います」とコメントしている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!