優秀主演男優賞受賞者

菅田将暉、最優秀主演男優賞に輝く「こんな信じられないことはあまりない」【第41回日本アカデミー賞】

「第41回日本アカデミー賞」の授賞式が2日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、俳優の菅田将暉が「最優秀主演男優賞」を受賞した。


韓国の俳優、ヤン・イクチュンとのダブル主演映画『あゝ、荒野 前編』での演技が評価されての最優秀賞。寺山修司の同名小説を原作に、自分を捨てた母を憎み、もがきながらプロボクサーを目指す新次を力演。ハードなトレーニングも重ね、精神だけでなく肉体も鍛え上げた。

最優秀賞のブロンズ像を手にした菅田は「本当にありがとうございます。こんな信じられないことは、あまりない」と驚きながら挨拶し、「2017年はほかにも賞をいただいたりしました。だんだん自分がどこにいるのか、そしていま人格的に何なのか、何を大事にしているのか、実感する機会を作らないといけないのですが、今日は菅田将暉としてすごくうれしいです」と喜び。「月並みですが『あゝ、荒野』に関わった皆さま、映画が大好きな皆さま、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

授賞式終了後、改めて喜びの言葉を聞かれた菅田は「ぼーっとしている。ちゃんと見てくれている人がいるなという感じです」といい、受賞の喜びは「親に(報告したい)。この写真だけを送ります」と手に持ったブロンズ像を見た。日本アカデミー賞は第37回の「新人俳優賞」(『共喰い』)以来、2度目。前回は「初めて来た時は息苦しかった。何に緊張しているのか、分からなかった」と回顧し、「今日は呼吸がしやすかったですね」と語った。

また、菅田は『オールナイトニッポン』のリスナーが選ぶ「話題賞」の俳優部門にも選出された。古屋兎丸氏のマンガを実写化した映画『帝一の國』での受賞で、菅田のほか、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大と人気若手俳優が集結したことが話題となった。菅田は「この映画は同世代の皆が集まって僕らの世代に話題になるものを作ろうとしていたので、すごくうれしい。皆で飲みたいと思います」と語った。

なお、そのほかの「優秀主演男優賞」は大泉洋(『探偵はBARにいる3』)、岡田准一(『関ヶ原』)、佐藤健(『8年越しの花嫁 奇跡の実話』)、藤原竜也(『22年目の告白 -私が殺人犯です』)が受賞している。

「第41回日本アカデミー賞」は、2016年12月16日から2017年12月15日までに公開された映画を対象に、優秀な劇場用映画及びアニメーション作品を表彰する。今年の司会は日本アカデミー賞協会・組織委員会副会長の俳優・西田敏行と、昨年の最優秀主演女優賞を受賞した女優の宮沢りえが務めた。


関連記事