有村架純がカバーガール大賞 石原さとみ・齋藤飛鳥・浅川梨奈が部門賞受賞

第4回カバーガール大賞

2017年に発売された雑誌の表紙を最も多く飾った女性を選定し、表彰する「第4回カバーガール大賞」が発表され、女優の有村架純が大賞を受賞した。


3月4日の“雑誌の日”を記念して発表される同賞は、オンライン書店「Fujisan.co.jp」で取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10000誌から、表紙を飾った回数の多かった女性を選定し、表彰する。

大賞:有村架純

過去2年連続2位だった有村が初の栄冠。「日経WOMAN」(日経BP社)や「STREET JACK」(KKベストセラーズ)、「美的」(小学館)など、幅広いジャンルの雑誌の表紙を飾った。
「こうやって多くの雑誌のお仕事をやらせて頂けるって、すごくありがたいなって思います。きちんと雑誌媒体の方々の想いに応えられてるのかなっていう不安はあるけど…でも、その中でも自分らしくその場に立てるように意識をしながら、いいページができたらいいなと思っていたので、すごく嬉しいです。ありがとうございます!」と受賞を喜んだ。

総合2位:白石麻衣、総合4位:西野七瀬

総合2位は乃木坂46の白石麻衣。写真集「パスポート」が累計28万部の大ヒットとなった白石は、昨年の総合10位から大きくジャンプアップを果たした。
以下、3位はSUPER☆GiRLSの浅川梨奈、4位は乃木坂46の西野七瀬、5位、高畑充希と続いた。

コミック部門:浅川梨奈

コミック部門はSUPER☆GiRLSの浅川梨奈が連覇。浅川は年代別10代部門でも受賞し、総合順位でも3位にランクイン。「マネージャーさんと『来年も取れるように頑張ろう!』っていう話をしていたので、有言実行できたことがすごく嬉しいなって思います!」とコメント。

エンタメ部門:齋藤飛鳥

エンタメ部門で1位に輝いたのは乃木坂46の齋藤飛鳥。2017年はソロ写真集「潮騒」が「オリコン2017年上半期“本”ランキング」写真集部門2位を獲得するなど、存在感を示した。
「わたしはずっと自分を『万人受けのしないタイプ』だと思っておりまして。そんな自分が表紙を務めさせて頂く機会が増えた頃は、大丈夫なのかなと、しつこくスタッフさんに聞いた記憶があります」と回想する齋藤。「とはいえ、こちらのコメントでは、嬉しさを前面に押し出そうと思います。やったー! スタッフの皆さん、ありがとうございます。ファンの皆さん、ありがとうございます。うれしいです」と喜びを爆発させた。

その他、ファッション部門は石原さとみが3年連続受賞、グラビア部門は小倉優香が初めて受賞、話題賞は2017年9月13日発売の「an・an No.2069」の表紙で「肘ブラ」を披露した田中みな実が選ばれた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!