三代目JSB・岩田剛典、“予測不能”のサプライズに感涙 単独初主演映画初日

「去年の冬、きみと別れ」初日舞台挨拶

EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が10日、都内の劇場で行われた主演映画『去年の冬、きみと別れ』の初日舞台挨拶に、共演の山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝、メガホンをとった瀧本智行監督とともに登壇。瀧本監督からのサプライズの手紙に目を赤くした。


本作が驚愕の結末を迎える予測不能のサスペンスであることから、舞台挨拶では登壇者が「予測不能クイズ」に挑戦。一番多く外した人には 「恥ずかしい秘密を公開する」という罰ゲームが用意されたが、実はこのクイズ、岩田が負けるように仕組まれており、最後の問題の答えを岩田以外の全員があらかじめ知っていた。

「本作のエンドロールに出てくる名前と団体名は合計いくつ?」「瀧本監督の生年月日は?」という難問が繰り出され、キャストは全員が不正解。
最終問題は「映画に登場する石川県・金沢で去年1年間で積もった雪は合計何センチ?」というもの。自分以外の答えが「111センチ」で揃っていることに気づいた岩田は「おかしいだろ、これ」と苦笑い。企画意図を察し「なんだそういうことか~」と秘密が暴露されることを覚悟した様子だったが、実はこの罰ゲームも嘘で、読み上げられたのは「秘密」ではなく、瀧本監督から岩田への手紙。

「あなたはそのスマートな見かけによらず案外不器用な人です」とはじまる手紙には、岩田が役を自分のものにするまでに時間がかかったこと、人知れず努力していたであろうことを労う言葉が綴られた。
撮影が進むにつれて瀧本監督自身もその成長ぶりに驚かされたといい、「僕がまだ駆け出しの助監督だった頃、ある大先輩からこう言われました。『器用な奴はすぐに答えにたどり着く。でも不器用な奴しかその先にはたどり着けない』。あなたを見ていて、そんな言葉を思い出しました。今後も愚直に、ひたむきに、もがき続けてください。その先に向かって」と結ばれた。

代読する司会者の声に耳を傾けていた岩田は瞳を潤ませ、感想を求められるも、なかなか言葉を発せず。「監督と一緒にやれてよかったです」と声を振り絞りると、「いやぁ、まいったな」と涙を拭い、「また監督と一緒に、いつか作品をご一緒できるまで、精一杯芸を磨いて成長した姿を見せたい」と、飛躍を誓った。

映画は芥川賞作家・中村文則氏によるサスペンス小説が原作。盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライター・耶雲恭介が、その真相を追ううちに、いつの間にか抜けることの出来ない深みにのみ込まれていく様を描く。

瀧本監督の手紙(全文)

岩田剛典様
あなたはそのスマートな見かけによらず案外不器用な人です。
クランクイン前から本読み、リハーサル、カメラテスト、何度も芝居の稽古を繰り返しました。器用な役者ならすぐにこなすことにも、あなたは時間がかかりました。
僕はたくさん要求し、たくさん注文しました。
きっとあなたは人知れずプレッシャーと戦いながら、もがき、あがき、苦しんだのだろうと思います。
1つ1つのセリフ、1つ1つの仕草、なにより恭介という役をどうにか自分のものにしようと愚直に誠実に向き合っていたんだろうと思います。

撮影が進むうち、次第にあなたの顔つきが変わっていきました。
いつからかオーラを纏うようになりました。
内心、僕は驚いていました。心を揺さぶられていました。
人より時間がかかったかもしれない。でも、だからこそ、誰よりも深く恭介という役を理解し、岩田剛典にしか演じられない、魅力的な主人公をあなたは作り上げたのだと思います。

僕がまだ駆け出しの助監督だった頃、ある大先輩からこう言われました。
「器用な奴はすぐに答えにたどり着く。でも不器用な奴しかその先にはたどり着けない」。
あなたを見ていて、そんな言葉を思い出しました。
今後も愚直に、ひたむきに、もがき続けてください。その先に向かって。
お疲れ様。ありがとう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!