乃木坂46、20thシングルセンターは白石麻衣 3期生・山下美月&久保史緒里が初選抜

乃木坂46

乃木坂46が4月25日にリリースする通算20枚目のシングル「シンクロニシティ」の選抜メンバーおよびフォーメーションが、3月11日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)にて発表され、白石麻衣が2度目の単独センターを務めることがわかった。


白石の単独センターは2013年にリリースされた6thシングル「ガールズルール」以来、14作ぶり。「私で大丈夫かなっていう不安はすごくあるし、緊張はするんですけど、みんなで力を合わせて、いいシングルにしていきたい」と今作への意気込みを語った。

今回初めての選抜入りを果たしたのは3期生の久保史緒里と山下美月。
1列目の左端に入った山下美月は「先輩方がすごすぎて、私がいていいのかなとか思ってたんですけど、早く追いつけるようにたくさん吸収して、いっぱい成長できるシングルにしたいです」と瞳を潤ませながら決意表明。
3期生からはほかに、18thシングル「逃げ水」でWセンターを務めた大園桃子と与田祐希が2作ぶりの選抜入りを果たした。

また、今作がラストシングルとなる生駒は2列目中央に入り、「個人的には最後のシングルになるんですけど、卒業シングルにはしたくなくて、さらに乃木坂をよくする為に頑張りたい」と意気込みを語った。

今作の選抜メンバーは前列7人、中列7人、後列7人の21人。前列および中列の14人が“十四福神”と呼ばれるフロントメンバーとして活動する。
1列目は向かって左から、山下美月、堀未央奈、生田絵梨花、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、与田祐希。2列目は桜井玲香、松村沙友理、久保史緒里、生駒里奈、大園桃子、衛藤美彩、秋元真夏。3列目は井上小百合、新内眞衣、高山一実、星野みなみ、若月佑美、樋口日奈、寺田蘭世の7人となった。

乃木坂46 20thシングル「シンクロニシティ」選抜メンバー

3列目 井上小百合、新内眞衣、高山一実、星野みなみ、若月佑美、樋口日奈、寺田蘭世
2列目 桜井玲香、松村沙友理、久保史緒里、生駒里奈、大園桃子、衛藤美彩、秋元真夏
1列目 山下美月、堀未央奈、生田絵梨花、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、与田祐希
(※並びはすべて向かって左から)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!