“同郷で同い年”高良健吾&倉科カナ、熊本復興支援ドラマでの共演に感慨

高良健吾&倉科カナ

熊本県による復興支援ドラマ『ともにすすむ サロン屋台村』の上映会が14日、東京都内の劇場で行われ、本作で夫婦役を演じた熊本県出身の高良健吾と倉科カナが舞台挨拶に登壇した。


本作は平成28年の熊本地震発生からわずか2ヶ月というスピードで建設され、昨年10月に閉鎖された「益城復興市場・屋台村」が舞台。笑いや感動を交えながら、復興に向け歩みを進めてきた県民の実話をリアルに描く。

高良と倉科は、ともに熊本出身で同い年。互いに高校生の頃から存在を知っていたものの、本作で共演するまでほぼ接点がなかったという。
高良は「同郷で同級生で、存在は知っているのに会ったことはなくて、その方と一緒に仕事ができたのは嬉しい。お互い高校生の時にこの仕事を始めて、その方と一緒に芝居ができて夫婦役というのは縁だと思う」と地元を舞台にした作品での共演を喜んだ。
倉科も「同郷で同い年で、ともに同じ時期に仕事を始めたので、同志のように思っていたんですけど、なかなか会えないもどかしさがあった」といい、「共演したいなと思っていて、始めて共演できたのが、この『ともにすすむ』という熊本の作品で夫婦役というのは、すごい意味がある。とても嬉しかったです」と感慨深げだった。

「熊本からいただく仕事は時間が許す限り断らずにやりたいと思っている」という高良。本作の出演オファーに「嬉しかったし、地震のことを扱うなら自分がやりたい、やるべきだと思っていた」と使命感を持って臨んだことを明かす。
一方の倉科は震災の後、「テレビで高良くんが被災地を回られたりしているのを見て、『私も一緒に連れて行ってほしい!』と思いながら、何もできなかった」と話し、「何もできないことに負い目を感じていて、熊本に何かできないかなと思っていた時だったので、こういった形で協力できて嬉しく思いました」と郷里を想う気持ちを語った。

高良は最後に「震災があって2年近く経ちますけど、こういう作品があるからこそまだまだ続いてることだったり、忘れちゃいけないことをもう1度再確認できる」と作品をPR。
倉科も「震災というのはどんどん風化していってしまうので、できるだけこういった形で皆さんにお伝えできたら」と言葉に力を込めつつ、『ともにすすむ』という本作のタイトルに触れて「人生って苦しいこととか辛いことのほうが8割9割くらい。でも嬉しいことも苦しいことも糧にして前へ歩んでいってほしい」とメッセージを送った。

『ともにすすむ サロン屋台村』は、東京・渋谷の「ユーロライブ」にて16日(金)まで無料上映会を実施。3月24日(土)17時からBS-TBSで放送され、3月30日よりYouTubeで公開される。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!