乃木坂46生駒里奈&西野七瀬がドラマの枠を超えて共演 「オー・マイ・ジャンプ!」×「電影少女」

「オー・マイ・ジャンプ!」の生駒里奈と「電影少女」の西野七瀬の共演が実現

テレビ東京の「ドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』」(金曜・24:12~)が来週23日に迎える最終話で、テレ東深夜ドラマ同士のコラボが実現する。


『オー・マイ・ジャンプ!』でジャンプ大好き大学生・火村智子役を演じる乃木坂46・生駒里奈の前に、同じく乃木坂46のメンバーで、「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」でビデオガール・天野アイ役を演じている西野七瀬が登場。グループの外で共演する2人の姿が見られる。

乃木坂46の1期生として、デビューから7年以上一緒に活動してきた2人。「乃木坂46の仕事ではない単独の仕事の現場で、なーちゃんと一緒にコラボできたことは、凄く斬新で楽しかったです」(生駒)、「生駒ちゃんがずっとやっている現場にいくという経験もなかなかないので、面白かったです」(西野)と、新鮮な体験に声を弾ませる。

「オー・マイ・ジャンプ!」に「電影少女」の西野七瀬が出演
©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/©『電影少女2018』製作委員会
「現場の雰囲気が全然違う」と感じたという西野は、「生駒ちゃんも共演した伊藤淳史さんもこちらが緊張せずにいられるような雰囲気を出してくださり、リラックスして演じることができました」と共演者に感謝。
また生駒については、「割と『自分に近いキャラ、役なんだ』と聞いていたので、私はあまり『(生駒ちゃんが)芝居している!』っていう感じでもなく自然体に見えました」と好演を讃えた。

『オー・マイ・ジャンプ!』は本日16日深夜放送の第10話と23日放送の最終話を残すのみ。
乃木坂46の作品以外では初めてのドラマ出演となった生駒は、「今回、すごい方たちとの共演だったのですが、現場でも勉強するというほうが多かったですし、あらためて自分はまだまだだなという事にたくさん気づいた期間でした」と謙虚に語る一方、「でも、現場は凄く楽しかったですし、いいものに出会えたと思います。とてもいい経験になりました」と充実感。
「10話、11話(最終話)ではまさかの展開が待っています!あんな大御所がこんなに体を張っているんだ!というところがみどころですね!」と、クライマックスに向けて期待を煽るコメントを寄せている。

■生駒里奈(火村智子役)コメント

Q. アイちゃん姿の西野さんの印象、共演の感想を
A. 「電影少女」は、ドラマをずっと見ているので、実際に天野アイ姿になったなーちゃんを見て「あ、本物だ!」という感じでした(笑)。長年一緒に仕事をしていますが、乃木坂46の仕事ではない単独の仕事の現場で、なーちゃんと一緒にコラボできたことは、凄く斬新で楽しかったです。

Q. 「オー・マイ・ジャンプ!」は自身初のドラマ単独出演でしたが
A. 私にとっては全部難しかったです。今回、すごい方たちとの共演だったのですが、現場でも勉強するというほうが多かったですし、あらためて自分はまだまだだなという事にたくさん気づいた期間でした。でも、現場は凄く楽しかったですし、いいものに出会えたと思います。とてもいい経験になりました。

Q. 「オー・マイ・ジャンプ!」最終回に向けてみどころを
A. 毎回1話完結のようなお話でしたが、ちょっとずつ繋がっていて、10話、11話(最終話)ではまさかの展開が待っています!あんな大御所がこんなに体を張っているんだ!というところがみどころですね!ぜひリアルタイムで見て頂いて、ツイッターとかでみんなで感想を共有して欲しいですね。

Q. 今後について
A. ご縁があったら、今後もドラマに挑戦してみたいと思います。

■西野七瀬(ビデオガール・天野アイ役)コメント

Q. 「オー・マイ・ジャンプ!」出演、また生駒さんとの共演の感想を
A. 電影少女の撮影は去年に撮り終えていたので、もう1回アイちゃんになるのが久々でしたし、生駒ちゃんがずっとやっている現場にいくという経験もなかなかないので、面白かったです。

Q. 「オ・ーマイ・ジャンプ!」の世界に入ってどうでしたか
A. 現場の雰囲気が全然違うなぁって・・・。短い時間でしたが、生駒ちゃんも共演した伊藤淳史さんもこちらが緊張せずにいられるような雰囲気を出してくださり、リラックスして演じることができました。

Q. 生駒ちゃんをみていてどうでしたか
A. 割と「自分に近いキャラ、役なんだ」と聞いていたので、私はあまり「(生駒ちゃんが)芝居している!」っていう感じでもなく自然体に見えました。

Q. 「電影少女 2018」OA終盤に向かって見どころを視聴者の方に
A. 結構シリアスな展開があるので、前半のワイワイ楽しい感じとは、ガラッと変わった雰囲気なので、そういうところを楽しんで見ていただけたらと思います。

Q. 「電影少女 2018」「オー・マイ・ジャンプ!」2番組を見ている方へのメッセージを
A. どっちも観ている方には、「おお!コラボだ!」となるかと思いますし、どちらかしか観ていない方にもこれを機に観よう!と思ってもらえたらいいなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!