河瀨直美監督最新作「Vision」 ジュリエット・ビノシュ・永瀬正敏・岩田剛典の劇中姿を捉えたティザーポスター公開

世界的に高い評価を受けている河瀨直美監督が仏女優ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏をW主演に迎えた映画『Vision』のティザーポスターが解禁された。


「Vision」ティザーポスター

「Vision」ティザーポスター

本作は河瀬監督の生まれ故郷である奈良県が舞台。世界中を旅しながら紀行文を執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌが、薬草の一種で幻の植物“Vision”を見つけ出すために奈良県・吉野を訪れるところから物語が始まる。
旅の途中、ジャンヌは森で暮らし、森を知り尽くす山守の無口な男・智と出会い、やがて言葉や文化の壁を越えて、心を通わせていく。季節は流れ、森が赤く色づく秋。智のもとに山守の若者・鈴が姿を見せ、運命の歯車が動き出す……。

公開されたティザーポスターは、木漏れ日の中、ジュリエット・ビノシュ演じるフランスの女性エッセイスト・ジャンヌを中心に、永瀬正敏演じる吉野の山を守る山守・智、岩田剛典演じる山守・鈴の姿が両サイドに並んだ印象的なビジュアル。
「未来(ビジョン)が、いま、うまれる」という意味深なキャッチコピーや、「山を守る男は、未来を紡ぐ女と出会い 過去から迷い込んだ少年を抱きしめた。」という一文は、奈良・吉野の奥深い森で出会ったジャンヌ、智、鈴、それぞれの運命が複雑に絡み合っていくことを期待させる。

映画はジュリエット・ビノシュ、永瀬、岩田のほか、森に住む謎の女・アキを演じる夏木マリ、ジャンヌのアシスタントに美波、山守とは違う形ながらも山に生き、山を守る猟師の岳を森山未來、同じく猟師の源を田中泯(特別出演)と、日本が世界に誇る名優たちが脇を固める。

映画『Vision』は、6月8日(金)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top