GENERATIONS、1万5000人動員の中国ツアー 大盛況で幕

中国ツアーを完走したGENERATIONS

7人組ダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが自身初となる中国ツアー「GENERATIONS CHINA TOUR 2018 ”MAD CYCLONE”」を開催。18日(日)、上海美琪大劇院にて最終公演が行われ、3都市9公演、1万5,000人を動員した中国ツアーに幕を下ろした。


本ツアーは、昨年日本国内の10都市で延べ29公演行われたアリーナツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2017 ”MAD CYCLONE”」のセンターステージでの演出をそのままに、中国の深セン、北京、上海の3都市の各ホールのエンドステージにて、メンバーのパフォーマンスをより間近に実感できる公演となった。
歌唱は20曲全て日本語だが、MCでは各メンバーが日頃の勉強の成果を中国語や英語で披露し、現地のファンからは大きな歓声が上がり会場は熱気につつまれた。

中国への入国時には空港に毎回300人を超えるファンが集まったことからも現地でのGENERATIONSの人気が伺えるが、きっかけはヴォーカルの片寄涼太がドラマと映画に出演した『兄に愛されすぎて困ってます』のブレイク。先月開始したばかりの中国版Twitter「Weibo」の片寄涼太のアカウントは、1ヶ月あまりですでに66万人以上にフォローされ、今後も中国での活躍が期待されている。

日本では5月からGENERATIONS初のドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2018 “UNITED JOURNEY”」が控えている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top