三浦春馬が90年代風ロン毛イケメンに 「SUNNY」男性キャスト解禁

三浦春馬 © 2018「SUNNY」製作委員会

8月31日公開の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の男性キャストが発表された。


2011年に韓国でヒットを記録した『サニー 永遠の仲間たち』を原作とする本作は、舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築。斬新でポップな映像表現で常に話題をさらう大根仁監督が監督・脚本を一手に担い、かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーが約22年の時を経て、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する姿を描く。
“サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美役の篠原涼子と、その高校生時代を演じる広瀬すずをはじめ、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生と豪華女優陣の出演が注目を集めているが、今回新たに4人の男性キャストが発表された。

『SUNNY』追加キャスト © 2018「SUNNY」製作委員会

『SUNNY』追加キャスト
© 2018「SUNNY」製作委員会

高校時代の奈美(広瀬すず)の初恋の相手で、90年代を謳歌するロン毛のイケメン大学生・藤井渉役に三浦春馬。90年代を代表するファッションと佇まいでギャルたちを魅了する。
三浦は「当時の流行りであったロン毛を何度もかき上げ(笑)、嫌味がない感じをどこまで自然に出せるかが難しいところでありました(笑)」とコメント。大根監督は「90年代を象徴するイケメンという微妙な役を完璧に演じてくれました。脚本に書かれている『カッコ良く登場』とか『とにかくカッコ良い』とか『さりげないがカッコ良い』という無茶な要求に見事に応えてくれて、むしろ私が恋心を抱きました」と絶賛している。

さらに、奈美(篠原涼子)の依頼でサニーメンバーを探す探偵・中川役に、大根組常連のリリー・フランキー。梅(渡辺直美)が勤める不動産の陰険な上司・新井役にも、同じく常連の新井浩文。また、高校時代の梅(富田望生)の兄を、いま旬の個性派俳優・矢本悠馬が演じる。

三浦春馬(藤井渉役)コメント

素晴らしいキャストの皆さんと共に、90年代を振り返るような作品に携われてとても嬉しかったです!
僕は主人公の青春時代の憧れだった男を演じさせて頂きました。当時の流行りであった【ロン毛】を何度もかき上げ(笑)、嫌味がない感じをどこまで自然に出せるかが難しいところでありました(笑)。監督の演出は細やかで、特に女子高生時代を演じていた女優陣とは何度もリハーサルを重ねてはアイデアを出していた印象があり、とても愛情を感じました。それが現代を生きる主人公を支える色濃い記憶になり、同じ時系列では無いからこそ、現代パートを演じる力を持った諸先輩方とのコラボレーションと化学反応が一番の楽しみなところです!

リリー・フランキー(中川役)コメント

大根監督の映画は最初から出させていただいてますけど、今までと雰囲気が違って新鮮でした。監督から5年以上前にやりたいと聞いていた『SUNNY』がついに現実になったんだなと思うと感慨深いです。監督っぽい切り口でコギャル文化や90年代の音楽がふんだんに入っているのも楽しい。90年代も現代も、それぞれきちんと個性豊かに描かれているので、どの年代、どの地域の人でも、きっと共感できる部分があって、自分たちが生きてきた時代の文化や音楽を愛おしく思えるような映画になっていると思います。あと、描かれている女性の友情がリアルで気持ち良いですね。映画の最後、特に40代の女性は大号泣なんじゃないでしょうか。

新井浩文(新井役)コメント

大根監督には「今回は役がないよ」と言われていたので、オファーが来た時は驚きました。脚本を読み、女優さん達がいっぱい出ている内容だったので、大根監督のにやにやしている顔が目に浮かびました。監督、1シーンしか出てないんだから、カットしないでくださいね(笑)。

矢本悠馬(梅の兄役)コメント

大根監督とは初めましてでしたが、監督の作品はノリが好きでよく観ています。役者をやらせていただいているからには一度はお仕事をしたいと思っていたので正直嬉しかったです。撮影中には意地悪なプレッシャーをかけられました(笑)。期待に応えられなかった気がするので、また呼んで下さい!90年代のカルチャーは大好きで、ファッションや音楽はそこを中心としたライフスタイルです。自分はワンシーンだったのでアッというまに終わっちゃって、もっと出たかったです(笑)。個人的に広瀬すずは友達で大好きな女優なので出来上がりが楽しみで仕方ありません。

大根仁監督 コメント

リリーさんと新井君は、何故だか私の映画には必ず出演するという身に覚えの無い契約を結んでいるので、
今回も出演してもらいました(笑)。基本的に女性しか出てこない作品なので、スパイス?付け合わせのお新香?薬味?的な存在感で、映画の隠し味になっていると思います。春馬君とは初めての仕事だったのですが、90年代を象徴するイケメンという微妙な役を完璧に演じてくれました。脚本に書かれている「カッコ良く登場」とか「とにかくカッコ良い」とか「さりげないがカッコ良い」という無茶な要求に見事に応えてくれて、むしろ私が恋心を抱きました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top