吉沢亮「妖精みたい」桜井日奈子の魅力を熱弁 佐藤大樹は恋人ができたら「HIROさんに紹介」

映画「ママレード・ボーイ」完成披露試写会

映画『ママレード・ボーイ』の完成披露試写会が21日、都内で行われ、W主演を務めた桜井日奈子と吉沢亮をはじめ、キャストの中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青、そしてメガホンを握った廣木隆一監督が出席した。


1992年から1995年にかけて月刊少女マンガ雑誌「りぼん」で連載された人気少女マンガを、廣木隆一監督が実写映画化する本作は、突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希(桜井)と松浦遊(吉沢)が織りなすラブストーリー。

撮影期間を通して、桜井に「キュンキュンさせられた」という吉沢。「彼女のこのちょっと人類じゃない感というか、精霊感があるじゃないですか? 美しさとか、雰囲気もちょっとミステリアスだったり。要は妖精みたいなんですよ。でも一緒にやってみるとすごくノリもいいし、面白いし、すごく人間的。わかります? 雰囲気は妖精、中身は人間。」と、桜井の魅力を伝えようと力説。
「親しみやすい女性で、現場でもずっと笑わせていただきましたし、すごく可愛らしいなと思う瞬間がいっぱいあって、僕はもうずっと撮影している時も、(カメラが)まわってないときもキュンキュンしてました」と現場を振り返った。

一方、妖精のような雰囲気を出している自覚は「なかった」という桜井は目を丸くし、妖精のように思われた原因について「服ですかね?」と首を傾げて会場の笑いを誘っていた。

イベントの後半では、キャストに恋愛診断テストを実施。
「告白は自分からする」「恋人と毎日連絡をとりたい」など5つの質問のうち、当てはまる項目の数で恋愛タイプがわかるというテストで、最も多い4問に当てはまると答えた優希が「甘くてクールなママレードタイプ」と診断されたのに対し、1問しか○の札を上げなかった桜井は「ドSなタバスコタイプ」と診断され、「そんなことない。ちょっと違うと思います」と困惑の表情を浮かべていた。
また、「恋人ができたらみんなに知らせたい」という質問に○の札を上げた佐藤は「絶対いいます」と男らしく断言。「まずはHIROさんに紹介して……」と義理堅い一面をのぞかせて会場を笑わせた。

映画『ママレード・ボーイ』は4月27日(金)全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!