TAKAHIRO・岩田剛典・白濱亜嵐ら主演「CINEMA FIGHTERS」第2弾 6月公開決定

「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」

LDH JAPANとショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)による、詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト「CINEMA FIGHTERS」の最新作『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』が6月22日(金)に公開されることが決定した。


今年1月に公開された『CINEMA FIGHTERS』ではEXILE TRIBEの既存の楽曲をもとに6本の短編が製作されたが、今回は作詞家でプロデューサーの小竹正人氏が書き下ろした6つの新しい楽曲から全6編のショートフィルムを製作。
気鋭のフィルムメイカーが参加し、LDH所属のキャストに加えて豪華俳優陣が出演する。

「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」
「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」主題歌アーティスト
EXILE TAKAHIROの新曲「Canaria」を『トイレのピエタ』(2015)の松永大司監督が映像化する『カナリア』には、主演のTAKAHIROのほか、塚本晋也、夏帆が出演。
松永監督と初めて現場をともにしたTAKAHIROは、「役者業を始めてから歩んできた道や、いち人間として僕がどういうふうに歩み生きてきたのかということを、すべてさらけ出されたような経験でした」と語り、「その経験をどのように、いかにカメラの前で表現すればいいのか。そこに対する姿勢や、役との対峙の仕方を監督に引き出してもらえたことで、ようやく役者としてスタート地点に立てたような気がしています」と充実感をにじませている。

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの新曲「東京」を映像化するのは、『⾈を編む』(2013)で第37回⽇本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督。『ファンキー』と題された本作は2041年の東京を舞台とした物語で、キャストには岩田剛典、麻生久美子、池松壮亮が名を連ねる。
主演を務めた岩田は「今回の楽曲『東京』を、僕は女性目線の失恋の曲だと思っていたのですが、鬼才・石井裕也監督がこの楽曲を聴いたインスピレーションだとこんなにも独特な世界観になるんだな、という印象を受けた」と、完成した映像に驚かされたことを明かす。

そのほか、GENERATIONS from EXILE TRIBEの新曲「何もかもがせつない」を安藤桃子監督が映像化した『アエイオウ』は、孤独な若き自衛隊員の物語で、白濱亜嵐、木下あかり、奥田瑛二らが出演。
DANCE EARTH PARTYの「あの子のトランク」をもとにした『Kuu』には、石井杏奈、山口乃々華、坂東希が出演。平林勇監督がメガホンを握った。
JAY’ED & 鷲尾伶菜の「How about your love?」から生まれた『Our Birthday』(Yuki Saito監督)には青柳翔、佐津川愛美、芦名星。DEEPの「Baby Shine」を映像化した『幻光の果て』(岸本司監督)には、山下健二郎、加藤雅也、中村映里子が出演する。

なお6月22日の全国公開に先駆けて、6月4日より開催されるSSFF & ASIAにてプレミア上映が行われる予定。

TAKAHIRO コメント

今回の作品を通して初めて松永監督とご一緒させていただいたんですが、役者業を始めてから歩んできた道や、いち人間として僕がどういうふうに歩み生きてきたのかということを、すべてさらけ出されたような経験でした。
そしてその経験をどのように、いかにカメラの前で表現すればいいのか。そこに対する姿勢や、役との対峙の仕方を監督に引き出してもらえたことで、ようやく役者としてスタート地点に立てたような気がしています。“ショートフィルム”という限られた短い時間のなかで、出演者と画だけでストーリーの内容を始め、ストーリーには描かれないけれど、そこに付随する時間や記憶、出来事などを、ご覧いただく方々に伝えるというのが難しいところ。
でも難しいからこそやりがいや醍醐味を感じますし、限られた時間だからこそ、より濃密にせつなさや温かさ、悲しさを集約できるのがショートフィルムの魅力だと思います。
どうかまた今後も参加できるように引き続き頑張っていきたいと思います。

岩田剛典コメント

今回石井裕也監督と初めてご一緒させて頂いたのですが、本当にクリエイティブな方で脚本にも石井監督のエッセンスがたくさんちりばめられていました。そして、出来上がって初めて見た映像は、現場ではなかなかイメージ出来なかった世界観が表現されていました。 というのも、今回の楽曲「東京」を、僕は女性目線の失恋の曲だと思っていたのですが、鬼才・石井裕也監督がこの楽曲を聴いたインスピレーションだとこんなにも独特な世界観になるんだな、という印象を受けたからです。作品を観たら感じてもらえると思いますが、テーマとなった楽曲と映像の世界観がここまで対になっている作品はなかなかない。稀に見る作品になっていると思いますので、そこを醍醐味にして楽しんでもらいたいです。

EXILE HIRO(エグゼクティブ・プロデューサー)コメント

前回のCINEMA FIGHTERSは、作詞家・小竹正人さんが手がけた、EXILEをはじめとするLDHアーティストの既存の楽曲をもとに、6人の監督たちに物語を映像化していただきました。
今回の第二弾も、才能ある監督たちに集まっていただき、すべての作品が、この「CINEMA FIGHTERS」のために小竹さんによって書き下ろされた新曲や未発表曲をもとに創られています。歌詞の世界観からインスピレーションを受けて創られた監督たちの作品と新しい楽曲を重ね合わせて楽しんでいただけるのではないかとワクワクしています。
この「CINEMA FIGHTERS」というプロジェクトを通して、僕たちが得意とする“音楽”というジャンルと素晴らしい監督たちが創る“映像作品”のコラボレーションから、新たなエンタテインメントが生まれ、様々な人が夢を叶える「場所」を作ることができたのかな……、そう思っています。
多くの方々に関わっていただいている「CINEMA FIGHTERS」から新たな出逢いが生まれ、その先にまたファンの皆さんが喜んでくれるようなエンタテインメントを創造していけたらとも思っていますので、ぜひCINEMA FIGHTERS第二弾も楽しみにしていてください。

別所哲也(企画・プロデュース)コメント

今年は、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)が20周年となる節目の年。
CINEMA FIGHTERS project第二弾『ウタモノガタリ』をみなさまにお届けできることができて本当にうれしいです。
ファイターズとして参加してくださった監督と出演者のみなさまによる表現をひとりでも多くの方にご覧いただきたいと考えています。
このプロジェクトでは、「これからの映像作家にとってのひとつの足跡であり道しるべ」として、その役割を果たしていきたいです。そういう意味でも、こういう音楽とシネマの新しい形――
いわゆるミュージックビデオではない映画とのコラボレーションというのは、きっと新しいジャンルや価値を生むと思います。
映画は国境を越え、言葉を超え、人種を超えて広がり、世界中の人たちに夢や感動を届けます。
楽曲の歌詞から蘇ってくる記憶の断片に命を吹き込み、それらから浮かび上がる景色、光、温もりに導かれながら、新たな物語を紡ぎました。『ウタモノガタリ』ぜひご注目ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!