菅田将暉、石崎ひゅーいの新曲「ピリオド」MVで失恋に涙する男を熱演

石崎ひゅーい「ピリオド」MV場面写真

俳優の菅田将暉が、シンガーソングライター・石崎ひゅーいの新曲「ピリオド」のミュージックビデオに出演していることが明らかとなった。


同曲は石崎が本日3月28日にリリースした初のベストアルバム「Huwie Best」に収録された新曲。
切ない春の別れを歌った楽曲の世界観の中で、菅田が失恋した男を演じ、その痛みを表現して号泣する熱演を見せている。

2人は2016年5月、石崎ひゅーいの2ndアルバム「花瓶の花」発売時の音楽雑誌対談をきっかけに意気投合。
菅田が今年3月21日にリリースしたデビューアルバム「PLAY」には、石崎が「さよならエレジー」「いいんだよ、きっと」「台詞」の3曲を提供するなど、公私に渡り交流を続けている。
石崎は「こんなに早く念願がかなうとは。」と共演の実現に喜びを噛みしめている。


石崎ひゅーい コメント

菅田将暉くんとは昨年の夏くらいから公私共に仲良くさせて頂いていて、音楽を作ったりスキヤキを作って食べたりしていました。
いつか映像なんかも一緒に作れたらなあと思っていましたがこんなに早く念願が叶うとは。
俳優“菅田将暉”の演技、やはり圧巻でした。
二人で撮影しながら『俺たちなんでこんなボロボロなんだろうね?』って言いながら雨に打たれました。
これは恋の終わりの歌です。女々しい男の心情を綴りました。
これから出会いや別れが多い季節『春』がやってくるわけですが、どうかこの歌が皆様の心の支えになりますように。
MV楽しんでご覧ください。

フカツマサカズ監督 MVコンセプト

石崎ひゅーいさんの歌で感情を揺さぶられる菅田将暉さんのリアルな表情を撮るために、現場でも思いっきりひゅーいさんに歌ってもらいました。
ひゅーいさんのエモーショナルな“歌”と菅田さんの圧倒的な演技が対になっている感じも表現できるような構成にしました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top