高梨沙羅、イベント出演のためにメイクアップ「新鮮な気持ちになります」

高梨沙羅選手

平昌冬季五輪で銅メダルを獲得したスキージャンプの高梨沙羅選手が29日、東京・六本木ヒルズで開催された「セブンカフェpresents 高梨沙羅写真展カフェ『SARA’S PROGRESS』開催 イベント」に出席した。


選手として、そして1人の女性としての高梨選手の幼少時代から現在に至るまでの軌跡をたどる写真展カフェ「SARA’S PROGRESS」が3月29日から4月4日まで、六本木ヒルズ内の「ヒルズカフェ/スペース」にてオープン。秘蔵写真を含めた70枚以上の写真が展示されるほか、高梨選手が目にするスキージャンプの景色をVRで疑似体験できる「SARA’S EYE」のコーナーも設置される。

高梨選手は平昌冬季オリンピックのノルディックスキー・ジャンプ女子で銅メダルを獲得し、25日にはドイツで行われたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)を優勝。同大会の勝利は、男女を通じてW杯歴代最多となる通算55勝目をあげた。

大活躍の高梨選手は、カフェ店員姿で特設ステージに登壇。写真展はすでに観たそうで、「恥ずかしい気持ちもありますが、小さいころからの私を振り返ることができたのですごく楽しかったです」と、やや緊張の面持ちで感想を言葉に。「SARA’S EYE」も体験済みで、「本当にジャンプを飛んでいる感覚でリアルでしたよ。足裏の感覚もリアルでした。滑っているときの景色が、実際に飛んでいるときと同じように観えました」と驚きを明かした。

イベントでは、サプライズで高梨選手の写真がプリントされた特大の“55勝のお祝いケーキ”をプレゼントされる一幕も。ケーキがステージに運ばれてくると、高梨選手は「わあぁ〜、すごい!」と思わず声をあげて、「自分の写真がこんなに大きくケーキになって、ちょっと恥ずかしいですが、すごく嬉しいです」とニッコリ。そのまま写真撮影となり、緊張の面持ちもほぐれて笑顔でカメラマンのリクエストに応えた。オープンスペースとなっていた会場の沿道から、六本木ヒルズ利用者に声を掛けられると、とびっきりの笑顔で手を振って応じるなど、サービス精神も旺盛だった。

メイクやヘアスタイルも話題となることが多い高梨選手。この日は、ストレートのワンレンボブを、毛先を巻いたアレンジにし、エレガントな大人の雰囲気をまとっていた。メイクもヘアセットもプロのメイクアップアーティストにやってもらったそうだが、「自分では、こういうメイクや髪の毛の感じを出せないので、人にやってもらうと新鮮な気持ちになります」と好印象の様子。メイクやヘアスタイルへのこだわりについては、「季節によって色々と変えたいと思いますが、自分でやるとワンパターンになってしまうので、色々なヘアメイクさんの技だったり、色味の作り方を学んでいきたいと思います」と期待に胸を膨らませていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top