カップヌードル新CMシリーズはEXILE TRIBE!AKIRA・岩田剛典・青柳翔ら“熱い”若者演じる

カップヌードル キービジュアル

EXILE TRIBEが全面協力した日清食品「カップヌードル」の新CMシリーズ第1弾「ヤバい。なんか熱い。舞踏審議篇」が3月31日より全国でオンエアされる。


カップヌードルの新CMシリーズでは、「ヤバい。なんか熱い。」をキャッチコピーに、“ヤバいくらいに熱い”人々を応援する。
「ヤバい。なんか熱い。舞踏審議篇」には、AKIRAや岩田剛典、劇団EXILEの青柳翔、小澤雄太、町田啓太ら豪華キャストが登場。
CMの舞台となるのは、深夜の廃墟で開催される予算委員会。
派閥のリーダーたちが、経済政策、少子化対策、外交問題など「マジメな」議題の順番について真っ向から対立する中、議長である岩田の号令とともに若者たちが全速力で走り出し、ダンスを踊りながら、口先だけの理屈ではない、ド派手な「熱さ」で体を使って「話し合う」姿を描く。

関東近郊の廃工場で2日間行われた撮影には300人ものエキストラが出演し、CGなしの炎あり、煙ありの迫力ある壮大なスケールの映像が完成。岩田は「2日間にわたる撮影で、セットがCMとは思えない壮大さでとても印象的でした。僕の誕生日が近かったため、撮影終了時にはスタッフの皆さんからお誕生日のお祝いまでいただけてとても良い思い出になりました」と撮影を振り返る。

CM曲には活動を再開したEXILEが書き下ろしの新曲「Heads or Tails」を提供。音楽でもCMを熱く盛り上げる。
楽曲についてAKIRAは「2018年のEXILE再始動にふさわしいパワーチューンが完成しました。男らしい楽曲で、EXILEとしても今年を代表するような新曲になったのではないかなと思います」と自信をのぞかせ、「この楽曲を聞いた時に『ヤバい。なんか熱い。』と込み上げるものがありました」と、CMのキャッチコピーにかけてコメントしている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!