“朝ドラヒロイン”永野芽郁、TGC初出演「スターになった気持ち」

マイナビ presents 第26回東京ガールズコレクション2018 SPRING/SUMMER

TGC「NHKスペシャルステージ」

女優の永野芽郁が31日、横浜アリーナで開催された「マイナビ presents 第26回東京ガールズコレクション2018 SPRING/SUMMER」にシークレットゲストとして出演した。


4月2日スタートのNHK連続テレビ小説(朝ドラ)98作目となる『半分、青い。』でヒロインを演じる永野は、「NHKスペシャルステージ」と題された、NHKの新クイズ番組『チコちゃんに叱られる』と『半分、青い』のコラボステージに、共演の志尊淳とともに登場。大きな歓声に迎えられた。

最初に『チコちゃんに叱られる』のチコちゃんが登場し、MCのトレンディエンジェルと軽快なトークを繰り広げたところで永野と志尊を呼び込むと、3人仲良く手を繋ぎ、歓声に応えながら笑顔でランウェイを歩いた。
ランウェイの先端では永野がセルフィーで記念撮影を行い、客席にプレゼントを投げ入れた。

ランウェイを歩き終えた永野は「初めてここにお邪魔して、こんなにキラキラしてるんだなと思って、すごいスターになった気持ちで楽しかったです」とご満悦。ドラマについて「私演じる楡野鈴愛(にれの すずめ)が岐阜から東京に出て、成長していく物語ではあるんですけど、家族だったり友達だったり、いろんなものが詰まっている作品になっているので、あと2日で始まりますので皆さんぜひ見てほしいです」とアピールした。
東京編に出演する志尊淳は「のちに芽郁ちゃん演じる鈴愛と戦友になっていくので、少しでもサポートできたらなと思っています」と自身の役どころを紹介した。

東京ガールズコレクションは「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催している史上最大級のファッションイベント。
第26回を迎えた今回は「BE YOURSELF(あなたらしく)」をテーマに、総勢約100名の日本を代表する人気モデルが出演し、ファッションショーをはじめ、豪華アーティストによる音楽ライブや、旬なゲストが多数登場するスペシャルステージなど、多彩なコンテンツを展開。延べ約3万2200人が来場した。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top