欅坂46、平手不在の逆境はねのける2周年ライブにファン2万4000人熱狂

欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE

欅坂46のデビュー2周年を記念したワンマンライブ「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」が、4月6日(金)から8日(日)の3日間にわたり、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで開催。各日8,000人、3日間で延べ2万4,000人の観客を沸かせた。ここでは最終日の公演の模様をレポートする。


本公演は、これまで欅坂46のコンサートに出演してきた、けやき坂46(ひらがなけやき)が出演せず、漢字欅坂46だけでの初のワンマンライブとなった。
さらに、これまでにリリースした全シングルの表題曲でセンターを務めてきた平手友梨奈がスケジュールの都合により不参加。加えて志田愛佳も体調不良により欠席となり、メンバーは19人で公演に臨んだ。特に平手の不在によって空いてしまうセンターポジションを楽曲ごとに他のメンバーが埋め、総合力の高さと成長ぶりを見せつけた。

「Overture」が鳴り響き、1曲目に繰り出されたのは最新シングル「ガラスを割れ!」。本来平手の両翼を担う今泉佑唯と小林由依がWセンターを務め、力強いダンスと光と炎の演出で魅了。続いて「避雷針」「君をもう探さない」「もう森へ帰ろうか?」とクールなパフォーマンスで畳み掛け、会場の熱気を一気に引き上げていった。

MCをはさみ、中盤はユニット曲のブロック。菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐ら“青空とMARRY”による「波打ち際を走らないか?」では、会場に設置された十字型の花道へと繰り出し、縦横無尽に駆け回る。
裸足でセンターステージに立った今泉佑唯がソロ曲「再生する細胞」をしっとりと歌い上げると、長濱ねるのソロ曲「100年待てば」では雰囲気が一変。テーマパークを模したポップなセットの中で2匹のうさぎのキャラクターとの共演が繰り広げられ、そのまま、尾関梨香、小池美波、長濱ねるの「バスルームトラベル」へと、かわいらしい世界観が引き継がれた。
今泉佑唯と小林由依によるユニット“ゆいちゃんず”は「1行だけのエアメール」「ゼンマイ仕掛けの夢」の2曲を歌唱。「1行だけのエアメール」では、MV撮影時の2人の仲睦まじい様子が伝わるオフショットがスクリーンに映し出された。

場内に重低音が響き渡り、フラッシュが点滅する中、メンバーのダンスパートを挟んで「月曜日の朝、スカートを切られた」へ。メンバーは今回のライブのために用意されたグレーの新衣装に身を包み、センターは渡邉理佐が務めた。
その後も「エキセントリック」「東京タワーはどこから見える?」「危なっかしい計画」と欅坂46の世界観を象徴するナンバーが続き、本編ラストは昨年の『第68回NHK紅白歌合戦』でも歌唱した「不協和音」。センターポジションにはグループのキャプテン・菅井友香が立ち、楽曲のポイントとなっている「僕は嫌だ」のセリフでは、普段の穏やかな菅井からは想像し難い凄みのある声を放ち、会場を沸かせた。

アンコールの「二人セゾン」では小池美波がセンターに立ち、曲間のソロダンスパートを原田葵が担う。「サイレントマジョリティー」では鈴本美愉がセンターポジションを務めた。センターの存在感が際立つ楽曲で、会場のスクリーン越しにも伝わる気迫のこもったパフォーマンスを見せ、センターの大役を見事に務め上げた。

その鈴本はパフォーマンス後、「(公演が)始まる前は不安がすごく大きくて、でも成功させなきゃいけないから、みんなで準備していきたので、こうして千秋楽を迎えられて本当によかった」と安堵の表情。「風に吹かれても」でセンターを務めた小林は「本当に楽しくて、これを超える楽しさはあまり知らないくらい今日が楽しかった」と充実感をにじませた。
また、キャプテンの菅井は「あらためて欅坂46は本当に幸せなグループだと感じています」と話し、「私たちにこれから何ができるんだろうって考えたんですけど、私たちにできることは素敵なライブをすることで、気持ちを込めて楽しいライブを沢山作って恩返しをしていきたい」と力を込める。
途中、「この1年でいえば、ずみこ(今泉)がまた帰ってきてくれて、一緒にステージに立てていることも嬉しいし、今は”てち”も平手も欠席となって…」と、平手の名前を繰り返す痛恨のミスに場内が笑いに包まれたが、「ごめんなさい!」と仕切り直して、「てち(平手)や愛佳が欠席しちゃったけど、私たちが成長することで、安心して戻ってこられる居場所を作りたいです。そのために私たちはもっと気を引き締めて、初心に返って成長したい」とファンに誓う。「3年目を迎えたわけですけど、今までの私たちとは違います。私たちを信じてください。これからも応援よろしくお願いします!」と熱い想いを伝えた。

アンコールラストは「会場の皆さんの太陽のような存在であれますように」と、「太陽は見上げる人を選ばない」が歌われたが、メンバーがステージを降りた後も声援は鳴り止まず、ダブルアンコールに突入。「ガラスを割れ!」をもう1度パフォーマンスし、最後はマイクを通さずに「今日は本当にありがとうございました!」と声を張り上げてファンに感謝を伝え、3日間に渡るアニバーサリーライブを締めくくった。

欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE

■2018年4月8日(日) セットリスト
Overture
M1 ガラスを割れ!
M2 避雷針
M3 君をもう探さない
M4 もう森へ帰ろうか?
MC
M5 バレエと少年
M6 波打ち際を走らないか?
M7 AM1:27
M8 再生する細胞
M9 結局、じゃあねしか言えない
M10 100年待てば
M11 バスルームトラベル
MC
M12 1行だけのエアメール
M13 ゼンマイ仕掛けの夢
M14 月曜日の朝、スカートを切られた
M15 エキセントリック
VTR
M16 国境のない時代
M17 東京タワーはどこから見える?
M18 危なっかしい計画
M19 風に吹かれても
M20 不協和音
<アンコール>
EN1 二人セゾン
EN2 サイレントマジョリティー
MC
EN3 太陽は見上げる人を選ばない
<ダブルアンコール>
WEN1 ガラスを割れ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!