間宮祥太朗・杉野遥亮・武田玲奈・山本舞香ら「やれたかも委員会」各話ゲストに多彩な顔ぶれ

ⓒ2018吉田貴司/ドラマ「やれたかも委員会」製作委員会・MBS

4月よりMBS・TBSドラマイズム枠でスタートする深夜ドラマ『やれたかも委員会』のポスタービジュアルと全キャストが解禁された。


「あのとき、こうしていれば…もしかしたら、もしかしたかも!?」という、異性との結局「やれなかった」過去のエピソードにとらわれた相談者が、「やれたかも委員会」の前で独白し、果たして「やれた」のか「やれたとは言えない」のか、判定を仰ぐという一話完結のストーリーで展開する本ドラマ。
「やれた」のか「やれたとは言えない」のかをあらゆる角度からジャッジする「やれたかも委員会」メンバーを佐藤二朗、白石麻衣、山田孝之の3人が演じる。

ⓒ2018吉田貴司/ドラマ「やれたかも委員会」製作委員会・MBS ©吉田貴司
ⓒ2018吉田貴司/ドラマ「やれたかも委員会」製作委員会・MBS ©吉田貴司
今回新たに、各話ゲストとなる、委員会を訪れ回想を語る相談者とその相手役など、全キャストが解禁。
相談者には、浜野謙太、間宮祥太朗、杉野遥亮、中尾明慶、MEGUMIら、相談者の回想の相手役には森川葵、山本舞香、武田玲奈、小倉優香、倉持由香、小関裕太らと、多彩な顔ぶれが勢ぞろい。「あるある」と頷かずにはいられない数々の共感エピソードを、妄想部分も含めて、生々しくリアルに再現していく。

あわせて公開されたポスタービジュアルは、思い思いに札を上げる委員会メンバー3名の背景に、原作でも印象的なコマとさまざまな表情を浮かべるキャラクターを敷き詰め、淡くピンクがかった構図。
なんとも強い眼差しで勢いよく「やれた」の札を上げる能島譲(佐藤二朗)、うーんと首をかしげながら「やれたとは言えない」の札を上げる月綾子(白石麻衣)、その二人にクールに視線を向けながら淡々と「やれた」の札を上げるオアシス(山田孝之)と、それぞれの個性が垣間見えるビジュアルとなっている。

なお放送第1回は、「エピソード0 特別編〜『やれたかも』の夜明け〜」が放送されることが決定。巷を騒がす「やれたかも委員会」に密着・潜入し、今まで明かされることのなかった裏側や、委員会メンバーの貴重なインタビューなど、知られざるその素顔に迫る。

ドラマ『やれたかも委員会』は、MBSで4月22日(日)より毎週日曜深夜0:50から、TBSでは4月24日(火)より毎週火曜深夜1:28から放送。

ドラマ「やれたかも委員会」

■エピソード0:特別編〜「やれたかも」の夜明け〜
■エピソード1:「山なみ編」
 間宮祥太朗、勧修寺保都、小倉優香
■エピソード2:「クラブナイト編」
 浜野謙太、倉持由香
■エピソード3:「お米編」
 森永悠希、武田玲奈
■エピソード4:「告白編」
 永野宗典、江夏詩織
■エピソード5:「後日編」
 杉野遥亮、山本舞香
■エピソード6:「映画編」
 中尾明慶、森川 葵
■エピソード7:「カラオケボックス編」
 矢野聖人、山地まり
■エピソード8:「太陽の塔編」
 MEGUMI、福田麻由子、小関裕太

公式サイト:yaretakamoiinkai.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!